《おジャマトリオ/Ojama Trio》

通常罠
(1):相手フィールドに「おジャマトークン」
(獣族・光・星2・攻0/守1000)3体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。
「おジャマトークン」が破壊された時に
そのコントローラーは1体につき300ダメージを受ける。

 ガーディアンの力で登場した通常罠
 相手フィールドおジャマトークンを3体特殊召喚する効果を持つ。

 元々は弱小トークン相手フィールドを埋める事で、相手モンスター数を制限するためのカードである。
 だが、おジャマトークンアドバンス召喚リリースにしか使用上の制約がなく、リンク素材シンクロ素材としては問題なく使用できてしまう。
 特にリンク素材になる点は致命的で、相手おジャマトークンを素材にできるリンクモンスターエクストラデッキに入れていた場合、おジャマどころか敵に塩を送るも同然である。
 コントローラーダメージを与える効果も、リンク素材にされてしまっては適用の機会がない。
 展開妨害カードとしての役割はほぼ終えたと言って良い。

 むしろ現在は、相手モンスターが増える点を利用し、相手フィールドカードの数を参照する効果とのコンボで使われる事が多い。
 具体的には、相手フィールドカードの数に比例したダメージを与える《仕込みマシンガン》《自業自得》《仕込み爆弾》相手とのカード枚数の差だけドローできる《裁きの天秤》など。
 これらを使用する【チェーンバーン】では現役で活躍している。

 この他、表示形式を変更したり貫通効果を利用すれば、大きなダメージを与えることができる。
 また、戦闘破壊を行った場合に効果発動できるモンスターとのコンボもできる。
 しかし、一度におジャマトークンを3体も生成する事が仇となり、コンボ成立後にトークンを残したまま相手ターンを回してしまいやすく、リンク素材に利用されかねない。
 送りつけなら《サイレント・ウォビー》《ミス・リバイブ》等の方法もあるので、最適なものを選択したい。

  • 「翔vs猪爪」戦で猪爪が使用した永続魔法《トラップ・リクエスト》のイラストに描かれている。

関連カード

相手フィールドトークンを生成するカード

―類似召喚制限カード

イラスト関連

―《おジャマトリオ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:おジャマトークン効果モンスターとして扱いますか?
A:いいえ。モンスタートークンは全て通常モンスターとして扱います。

Q:おジャマトークン持ち主はどちらとして扱いますか?
A:《おジャマトリオ》を発動したプレイヤーです。

Q:おジャマトークンを置くモンスターゾーンはどちらのプレイヤーが決めますか?
A:《おジャマトリオ》を発動したプレイヤーです。(17/02/20)

Q:ダメージチェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(09/08/25)

Q:このカードの発動チェーンして相手《リビングデッドの呼び声》発動し、相手モンスターカードゾーンの空きが2枚以下になってしまった場合はどのように処理しますか?
A:おジャマトークンを3体全て特殊召喚出来ない場合、1体も特殊召喚を行いません(不発)。(09/10/26)

Q:ダメージ効果ダメージとして扱いますか?
A:はい、効果によるダメージとして扱います。(09/12/10)

Q:《サクリファイス》等の効果装備カードになったおジャマトークン破壊された場合、ダメージを与える処理は行いますか?
A:はい、ダメージを与える処理は適用されます。(10/07/22)

Q:相手フィールド上におジャマトークンが3体存在します。
  《ブラック・ホール》等の効果でこれらが同時に破壊された場合、《悪夢の拷問部屋》効果は何度発動しますか?
A:その場合、300ポイントのダメージを3回与えます。
  したがって《悪夢の拷問部屋》効果は3回発動する事になります。(13/04/06)

Q:お互いフィールド上におジャマトークンが存在しており、お互いライフポイントが300以下です。
  《ブラック・ホール》等の効果でこれらが同時に破壊された場合、ターンプレイヤーの敗北となりますか?
A:その場合、お互いが同時にダメージを受けるため、引き分けとなります。(13/04/06)

Q:相手自分《エヴォルド・プレウロス》対象《洗脳−ブレインコントロール》発動しました。
  それにチェーンして《おジャマトリオ》を発動し、相手フィールドが全て埋まった場合、《エヴォルド・プレウロス》は「自分フィールド上」で破壊された扱いになりますか?
A:ご質問の場合、《エヴォルド・プレウロス》効果発動しません。(13/10/14)


Tag: 《おジャマトリオ》 通常罠 おジャマ

広告