《ゴーストリックの雪女(ゆきおんな)/Ghostrick Yuki-Onna》

効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻1000/守 800
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついた
モンスターが存在する場合のみ、
このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このカードを破壊したモンスターは裏側守備表示になり、
表示形式を変更できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 ゴーストリック共通の効果外テキストサイクル・リバースする起動効果、自身を戦闘破壊したモンスター裏側守備表示にして表示形式を変更不能にする誘発効果を持つ。

 自分を戦闘破壊したモンスター裏側守備表示にし、更に表示形式の変更を不可能にする。
 結果、そのモンスターは他のカードの効果表示形式を変えられなければ攻撃モンスター効果発動が行えず、シンクロ素材エクシーズ素材としても活用できなくなる。

 そのままの状態で利用できる手段はリリース融合素材くらいのもの。
 厄介な永続効果誘発即時効果などを封じる他、相手フィールドモンスターを残すことで《フォトン・スラッシャー》などの利用を阻害することもできる。
 《デモンズ・チェーン》とも異なり《サイクロン》などでの解除も不可能とあって、場合によっては《ブラック・ホール》などで自ら除去せざるを得ないということにもなりかねない。
 対象をとらない上、ダメージステップ発動する効果であるため、対抗手段が非常に少ないことも利点である。
 リリースを封じる《生贄封じの仮面》《おジャマトリオ》がメインで入る【コスモロック】でならば特に嫌らしい働きが期待できる。
 相手デッキにもよるが、効果が決まれば相手は思惑を大きく外されることだろう。

 戦闘破壊される必要があるため、このカードの存在が知られた場合は必然的にこちらから攻撃しなければ効果を使いにくくなる。
 しかしこのカード召喚するには条件があるため、効果破壊を回避しつつ自爆特攻での発動を単体で狙うのは難しいという欠点がある。
 特殊召喚手段は豊富に存在するため、召喚条件はあまり気にならない。

 ゴーストリック魔法使い族であり、様々な魔法使い族サポートカードを使用できる。
 モンスターでは、《マジカル・コンダクター》《見習い魔術師》《召喚師セームベル》《マジカル・アンダーテイカー》で、それぞれデッキ手札墓地からこのカード特殊召喚できる。
 魔法・罠カードでは、《ディメンション・マジック》《ネクロの魔導書》《マジシャンズ・サークル》《ワンショット・ワンド》等が存在する。

 ゴーストリックの共通効果裏側守備表示になる事で、《ゴーストリック・ハウス》攻撃を回避できるが、このカード効果は自身の戦闘破壊発動条件であり、効果が噛み合わない。
 しかし、ダメージが半減する効果のおかげで自爆特攻による妨害を行いやすくはなる。

 他のゴーストリックを支援できるだけでなく、運用次第で相手の戦略を大きく乱すことができるため、場合によっては《ゴーストリックの魔女》よりも優先されるだろう。

  • 海馬(うみうま)コーポレーション 出張所」の第4号によると、《ゴーストリックの魔女》とコンビを組んでいて、不思議な力で標的の動きを封じる担当らしい。
  • 「雪女」とは日本に伝わる雪の妖怪。
    人間と夫婦になったり子供をもうける話もあれば、人間を凍死させる話、産女のように子供を抱かせるタイプの逸話など、様々な伝承が残されている。

関連カード

―《ゴーストリックの雪女》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果部類は何ですか?
A:自身の裏側守備表示化が起動効果相手モンスター裏側守備表示化が誘発効果です。(13/07/22)

Q:相手モンスター裏側守備表示化は対象をとりますか?
A:いいえ、対象を取りません。(13/07/22)

Q:このカードの効果裏側守備表示になったモンスターが他のカードの効果表側表示になった場合でも、そのモンスター表示形式が変更できない効果適用されたままですか?
A:はい、適用されたままになります。(13/09/01)

Q:モンスタートークンによってこのカード戦闘破壊され墓地へ送られた時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/01/16)

広告