《トラゴエディア/Tragoedia》

効果モンスター(準制限カード)
星10/闇属性/悪魔族/攻   ?/守   ?
自分が戦闘ダメージを受けた時、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の枚数×600ポイントアップする。
1ターンに1度、手札のモンスター1体を墓地へ送る事で、
そのモンスターと同じレベルの相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択してコントロールを得る。
また、1ターンに1度、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択し、
このカードのレベルをエンドフェイズ時まで、選択したモンスターと
同じレベルにする事ができる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 Vジャンプ(2008年10月号) 付属カードで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 自分戦闘ダメージを受けた時に自身を手札から特殊召喚できる誘発効果自分手札の枚数によって攻撃力守備力自己強化する永続効果1ターンに1度相手モンスターコントロール奪取できる起動効果1ターンに1度自身のレベルを変化できる起動効果の4つの効果を持っている。

 自身を特殊召喚する効果発動しやすく、《冥府の使者ゴーズ》と違い自分フィールド上に他のカードが存在しても特殊召喚できる。
 自分から攻撃を仕掛けた場合でも特殊召喚が可能であり、ダメージステップ中に特殊召喚されるので総じて妨害されにくい。
 また、特殊召喚モンスターではないためアドバンス召喚も可能であり蘇生制限が無いのも優秀である。

 2つ目の自身の攻撃力を変動させる効果は、自分手札の枚数によって変化するため、アタッカーとしては安定しない。
 ガジェット等の手札が減りにくいカードと併用することで、高攻撃力が期待できる。
 《増殖するG》とは相性が良く、相手が大量展開からの1ターンキルを狙ってきても高ステータスとなったこのカードで阻止することが可能。

 3つ目のコントロール奪取効果は、永続的にコントロールを奪うことができるため非常に強力である。
 相手モンスターレベルが一致する必要こそあるが、比較的使用率の高いレベル4のモンスターであれば狙いやすい。
 手札を消耗し自身の攻撃力は下がるものの、ボード・アドバンテージを得るためにも狙う価値は十分にあるだろう。
 自己再生《馬頭鬼》等の墓地効果発動するモンスターコストにできれば更に墓地アドバンテージも得られる。

 ただし、特殊召喚後は相手コントロール奪取を警戒するため、メインフェイズ2エクシーズ素材にする等で対処されてしまうことも珍しくない。
 また、《次元の裂け目》適用下などでモンスター墓地へ送ることができない場合は、効果発動自体不可能な点も気を付けたい。

 4つ目のレベルを変更する効果は、自身の特殊召喚効果もあってシンクロ召喚エクシーズ召喚サポートとして非常に役に立つ。
 コントロール奪取効果と合わせ、捨てたモンスターレベルをコピーすることで、召喚権を使わずにエクシーズ素材を揃えることもできる。
 シンクロ召喚の場合はチューナーが必要なものの、レベル1であればそのまま《星態龍》にも繋げられるため、選択の幅にある程度の融通が利く。
 これ以外にはリチュア《神光の宣告者》といった、【儀式召喚】でのリリースするモンスターレベルを揃える必要のあるデッキでも役立つだろう。

 【フルモンスター】のようなモンスター比率が高いデッキでは潤滑油となる存在である。
 このようなデッキでは通常召喚権の都合もあってモンスター手札でだぶついたり腐ったりすることも多い。
 それらの問題もこのカード攻撃力上昇効果コントロール奪取効果に貢献するため、このカードの能力を存分に活かすことができるのである。
 そして魔法・罠カードセットしないことで更に高攻撃力を狙うことができ、そういったデッキの弱点であった1ターンキルの対策にもなる。

  • カード名は「悲劇(Tragedy)」を意味するラテン語である。
    このカードが封入されている袋とじでも、「悲劇の魔物」と紹介されている。
    また、漫画GXの4巻では《トラゴエディア》の登場シーンで「悲劇」とルビが振られている。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GXにおいて、古代エジプトにおけるクル・エルナ村出身の占星術士の男が心に宿していた邪悪な魔物(カー)
    神官達の手によって石版(ウェジュ)に封印され、建設中だった王墓の一室に幽閉されていた。
    心臓が封印されている間も完全復活した後もMr.マッケンジーの肉体を使って行動しており、プラネットシリーズと《ハネクリボー》を使い心臓を取り戻したが、十代と万丈目に敗れ、《ハネクリボー》《光と闇の竜》によって完全に封印された。
    使用デッキ《The supremacy SUN》を切り札に据えた【アンデット族】
    なお、物語ではカードとしては最後まで登場しなかった。
  • 諸悪の根源とも言えるラスボスではあるが、「負けた方は死ぬ」といいつつも昏睡状態にしたり、決闘を楽しもうとするヨハンに賛同したりしたほかに、世界を掌握できる力があるのにも関わらず一度倒した十代達との勝負に応じる、奪い取った《ハネクリボー》《E・HERO ジ・アース》を返すなど人間味や正々堂々さが溢れているボスでもある。
    本人如く目的は「退屈しのぎ」であり、退屈や束縛を嫌い楽しむ事を目指す彼はある意味で遊城十代に近い存在と言える。
    いずれにしろ他のラスボスと比べ、少々異質な行動原理であった。
  • 物語の中でキーとなるであろうモンスターの全容が本編中に明かされていないにも関わらず、別の作品で登場、しかも2度も破壊されるというネタのような扱いを受けるのはかなり異例の事である。
    漫画版GXとアニメ5D'sには直接的な話のつながりが無いからだろうか。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALにおいて闇バクラのデッキに入っており、専用ボイスも用意されている。
    原作において、盗賊王バクラもクル・エルナ村の出身であるため、関連付けたのであろう。
    だが、DUEL TERMINALでは初期手札が少ないため、高攻撃力を狙うのはかなり難しい。
  • WCS2010では対戦相手として登場。
    デッキ名は「To ラゴる」。
    週刊少年ジャンプにて連載されていた漫画「To LOVEる」をもじったのだろう。

関連カード

―カード名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:特殊召喚効果誘発効果攻撃力が変動する効果永続効果コントロールを得る効果レベルが変化する効果起動効果になります。(08/08/21)

Q:同じターンコントロールを得る効果レベルを変化させる効果をそれぞれ1回ずつ発動できますか?
A:はい、できます。(08/08/21)

手札から特殊召喚する効果について

Q:手札にこのカードが複数枚存在する時に戦闘ダメージを受けた場合、複数枚特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(10/06/11)

Q:手札にこのカード《冥府の使者ゴーズ》が存在し、自分フィールド上にカードが存在しない時に戦闘ダメージを受けた場合、それぞれ1体ずつ特殊召喚できますか?
A:いいえ、この場合でも特殊召喚できるのはどちらか1枚だけです。(08/08/24)

Q:《トラゴエディア》の手札からの特殊召喚は、《神の宣告》《昇天の黒角笛》で止めることはできますか? A:効果による特殊召喚のため、《神の宣告》《昇天の黒角笛》で止める事はできません。(08/08/27)

Q:《トラゴエディア》の特殊召喚《天罰》で止めることはできますか?
A:効果による特殊召喚なので可能です。(08/08/27)

Q:フィールド上に5体のモンスターが居ます。
  そのうちの1体が戦闘破壊されるとき、その戦闘によるダメージを受けた時特殊召喚できますか?
  (このとき、モンスターカードゾーンに空きができてから特殊召喚されますか?
   まだ埋まっているタイミングで特殊召喚タイミングが過ぎますか?)
A:戦闘ダメージを受けてこのカード特殊召喚するタイミングではそのモンスターはまだフィールド上に存在していますので、このカード特殊召喚することはできません。(08/08/21)

Q:特殊召喚できない効果を持つ《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等が自分戦闘ダメージを受けて戦闘破壊された時に特殊召喚できますか?
A:ダメージ計算を行い《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等の被戦闘破壊が確定した時点で、特殊召喚できなくなる効果適用されなくなります。
  よって、この時点で《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等はフィールド上にまだ存在していますが、効果適用されなくなっていますので特殊召喚できます。(08/11/02)

Q:手札から特殊召喚効果発動後、チェーン処理によって効果解決時《トラゴエディア》がなくなっていた場合でも、特殊召喚効果は有効ですか?
A:不発となり特殊召喚できません。(08/10/13)

攻撃力守備力をアップする効果について

Q:攻撃力は常時変動しますか?
A:いいえ、永続効果ですが手札の枚数が変更された場合に変動します。
したがって《禁じられた聖槍》の様に一時的に攻撃力がダウンする効果適用した後に修正はされません。(13/01/27)

Q:《収縮》《巨大化》を受けた場合攻撃力はどうなりますか?
A:共に元々の攻撃力(守備力)0を半分(/2倍)にする効果ですが、このカード攻撃力上昇効果と、元々の攻撃力(守備力)は別と考える為、現在の攻撃力には変動を行いません。結果的に変化はありません。(13/01/27)

Q:《BF−疾風のゲイル》効果を受けた場合攻撃力守備力はどうなりますか?
A:自身の効果によって適用されている攻撃力守備力の数値が半分になります。(08/12/01)

Q:ではその後手札の枚数が変動した場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:攻撃力守備力は変動しません。攻撃力守備力は半分のままです。(08/12/10)

コントロールを得る効果について

Q:3つ目の効果墓地へ送る行為はコストですか?
A:コストです。(08/09/10)

Q:コントロールを得るのは、ターン終了時までですか?永続的ですか?
A:永続的にコントロールを得ます。(08/08/21)

Q:コントロールを得る効果対象にしたモンスターチェーンして《月の書》等で効果解決時裏側表示なった場合コントロールは移りますか?
A:《トラゴエディア》の効果は、表側表示で存在する相手モンスターコントロールを得る効果であるため、効果処理時対象に選択した相手モンスター裏側表示になっていた場合、そのモンスターコントロールを得る事はできません。(08/10/11)

Q:コントロールを得る効果コスト墓地に送ったモンスターレベル《コストダウン》等で変化していた場合、コントロールを得られるのは変化前のレベルモンスターですか?それとも変化後ですか?
A:変化後です。(09/08/30)

Q:コントロールを得る効果で、対象としたモンスターレベル効果解決時に変化していた場合、コントロールを得ることはできますか?
A:はい、できます。(10/07/15)

Q:3つ目の効果モンスターコントロールを得た後で《スキルドレイン》発動された場合、モンスター相手フィールドに戻りますか?
A:いいえ、自分フィールドにあるままです。(12/09/26)

レベルを変更する効果について

Q:最後の効果墓地カード対象にとりますか?
  効果解決時に選んだカードが存在しない場合、どう処理しますか?
A:墓地モンスター1枚を対象に取る効果になります。
  また、効果解決時対象に選択したモンスター墓地に存在しなくなった場合、レベルを変化させる効果適用されません。(12/09/29)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》適用中、墓地モンスター対象にとり自身のレベルを変化させる効果発動できますか?
A:《王家の眠る谷−ネクロバレー》発動効果適用されている場合でも、《トラゴエディア》の効果発動し、レベルを変更する事ができます。(11/05/26)

Q:《レベル・スティーラー》効果で《トラゴエディア》のレベルを1つ下げて、その後に《トラゴエディア》自身の効果でレベルが変化した場合、そのレベルから1つ下がった状態になりますか?
A:いいえ、その場合《トラゴエディア》自身の効果で変化したレベルになり、そこから1つ下がることはありません。(09/08/26)

Q:《レベル・スティーラー》効果で《トラゴエディア》のレベルを1つ下げて、その後に《トラゴエディア》自身の効果レベルを変化させ、エンドフェイズに変化したレベルが元に戻った時、その戻ったレベルから1つ下がりますか?
A:いいえ、その場合もレベルは下がらず《トラゴエディア》の本来のレベルに戻ります。(09/08/26)

Q:最後の効果レベルが5に変動した後で《スキルドレイン》発動された場合、レベルは幾つになりますか?
A:本来の数値である10に戻ります。(12/09/26)

広告