《ドラグニティ−ドゥクス/Dragunity Dux》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、自分フィールドの「ドラグニティ」カードの数×200アップする。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 ドラグニティの一体であり、墓地ドラゴン族ドラグニティ装備する誘発効果、自身の攻撃力を上昇させる永続効果を持つ。

 【ドラグニティ】の主力シンクロ素材にして必須カード
 (1)の効果チューナー《ドラグニティ−ファランクス》装備し、《ドラグニティ−ファランクス》の「装備カード状態の自身を特殊召喚する効果」を使用する事で、レベル6分のシンクロ素材を揃える事ができる。
 そして、このカードと同様の効果を持つ《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》を出すことで、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》などのレベルシンクロモンスターまで一気につなぐことが可能。
 よって、レベル6または8のシンクロモンスターをこのカード1枚から、それも1ターンで出すことが可能なのである。

 《ドラグニティ−クーゼ》《ドラグニティ−ファランクス》と同様の効果を持つレベルチューナーである。
 こちらはレベル4としても扱える効果を持つ代わりにドラグニティシンクロモンスターしか出せない。
 《ドラグニティ−ファランクス》と異なり《ドラグニティナイト−アスカロン》《ドラグニティナイト−バルーチャ》に繋げやすいのが特長となる。

 これほどの重要カードでありながら、《竜の渓谷》によりサーチも容易な点も評価できる。
 ただし、シンクロ素材を揃える動きは墓地装備カードを経由するため、《D.D.クロウ》《サイクロン》《月の書》など妨害手段がかなり多いのは弱点と言える。

 (2)の攻撃力上昇効果はこのカード自身、そして魔法&罠ゾーンに存在する「ドラグニティ」も含めるので、効果ドラグニティを装備すれば実質攻撃力1900となる。
 もっとも、上記の通りさっさとシンクロ素材として使ってしまうのが基本運用であるため、アタッカーとして使う事はめったにない。
 特殊召喚封じを受けた時に緊急手段として使う程度であろう。

  • 「ドゥクス(Dux)」とは、ラテン語で「指導者」の意味。
    古代ローマの軍隊で用いられた言葉であり、「デューク」などの語源となった。

関連カード

―《ドラグニティ−ドゥクス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)が誘発効果、(2)が永続効果です。(10/04/23)

Q:このカードが自身の効果により装備カードを装備している時、《移り気な仕立屋》で装備カードを別の対象に変更できますか?
A:できません。(10/04/23)

Q:このカードが自身の効果により装備カードを装備している時、《スキルドレイン》発動されると装備状態を維持できなくなりますか?
A:はい、《スキルドレイン》発動されると装備魔法は破壊され外れます。(10/04/23)

Q:このカード召喚し、効果墓地《ドラグニティ−アキュリス》を選択しました。
  この効果チェーンした《月の書》で《ドラグニティ−ドゥクス》が裏側表示にされる等した場合、《ドラグニティ−アキュリス》装備カード扱いとして一旦フィールドに置かれてから対象不在で破壊されるのですか?
A:この場合、この《ドラグニティ−アキュリス》墓地にあるままとなり移動は起きません。(10/07/09)


Tag: 《ドラグニティ−ドゥクス》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1500 守1000 ドラグニティ

広告