鎧獄竜(がいごくりゅう)−サイバー・ダークネス・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻2000/守2000
「サイバー・ダーク」効果モンスター×5
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からドラゴン族モンスターまたは機械族モンスター1体を選び、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場する闇属性機械族融合モンスター
 エクストラデッキからの特殊召喚に関する召喚制限墓地ドラゴン族機械族を装備する効果、装備したモンスター攻撃力分だけ自身を強化する効果装備カード墓地へ送ることで相手発動したカード効果の発動無効にして破壊する効果を持つ。

 融合素材サイバー・ダーク5体と多く、通常の手札融合フィールド融合では6枚ものカードを消費する。
 よって《サイバネティック・フュージョン・サポート》《オーバーロード・フュージョン》による墓地融合、もしくは《未来融合−フューチャー・フュージョン》によるデッキ融合を狙うのが基本となる。
 《轟雷帝ザボルグ》でこのカード×2・《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》×3を墓地へ送り《オーバーロード・フュージョン》での墓地融合を狙うのもいいだろう。
 その際に《捕食植物キメラフレシア》《F・G・D》も一緒に墓地へ送れば《オーバーロード・フュージョン》サーチ装備カードの確保もできる。
 《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》と違いエクストラデッキ以外からの特殊召喚は制限がないので、1度正規の方法で融合召喚しておけば蘇生帰還も可能。

 (1)及び(2)の効果墓地ドラゴン族または機械族装備カードにしてそのステータスを吸収する効果
 既存のサイバー・ダークと共通する装備能力だが、このカードのみ機械族も装備できる。
 また、上記の通り蘇生が可能なため、《光と闇の竜》を装備することで何度でも自己再生することができる。

 (3)の効果装備カードコストとするカウンター効果
 自身の(1)の効果装備カードを1枚確保でき、1ターンの回数制限がないので、装備カードの枚数だけ無効にし続けることができる。
 コストにする装備カードは自身の装備カード以外も使えるので、このカードステータスを維持するためにも、なるべく他のサイバー・ダーク装備カードから優先的にコストにしておきたい。
 装備カード状態の《サイバー・ダーク・クロー》《サイバー・ダーク・カノン》コストにすればそれらのドローサルベージ効果発動できる。
 《再融合》とは相性が良く、蘇生時に(1)の効果発動して2回分のコストが確保でき、破壊以外の手段でフィールドから取り除かれるので《再融合》デメリット回避にも繋がる。
 無効範囲は広いが、《奈落の落とし穴》《激流葬》などの召喚反応型や、《強制脱出装置》などのフリーチェーンカードには効果で装備する前に除去されてしまう。
 あらかじめサイバー・ダーク召喚しておくなど、このカード特殊召喚前に装備カードが存在する状態にしておきたい。

 《ブラック・ボンバー》下級サイバー・ダーク蘇生させ、《パワー・ツール・ドラゴン》シンクロ召喚しておき装備魔法サーチするのも良い。
 《パワー・ツール・ドラゴン》自身も機械族なので、このモンスター装備カードにできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《鎧獄竜−サイバー・ダークネス・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 融合モンスター 星10 闇属性 機械族 攻2000 守2000 サイバー・ダーク 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告