大嵐(おおあらし)/Heavy Storm》

通常魔法(制限カード)
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。

 BOOSTER7で登場した通常魔法
 フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する全体除去カードの一つ。
 不特定多数の魔法・罠カード破壊するため、対象をとる(指定する)効果ではない。

 《ハーピィの羽根帚》禁止カードに指定された後、長きに渡って最高の魔法・罠除去として扱われてきている。
 あちらと違い、自分魔法・罠カード破壊してしまうものの、それでもノーコストで大きくアドバンテージを獲得できる可能性を秘めていることに変わりはない。
 特に、総攻撃を確実に通す手段として、各種ビートダウンではほぼ必須カードとして扱われている。

 このカードの存在によって、魔法&罠カードゾーンカードを多くセットする行為は、最悪1:5交換の甚大なディスアドバンテージを負うリスクを伴う事を覚悟しなければならない。
 大量の伏せカードを使用する場合には「《スターライト・ロード》等の対策手段がある」か、「セットされているモンスター《メタモルポット》」、あるいは「それらに見せかけたブラフ」等の読み合いや駆け引きが発生する。

 状況によっては、自分魔法・罠カード破壊できる事も利点になる。
 《呪われた棺》《歯車街》《おジャマジック》等とコンボしたり、《黄泉ガエル》《冥府の使者ゴーズ》等のために、あえて自分フィールドをがら空きにする事もできる。
 その場合でも、できるだけ相手カードを巻き込み、よりアドバンテージを稼いでいきたい。

 もちろん明確なコンボを考えないのであれば、自分魔法・罠カードを巻き込むのは極力避けたい。
 【ロックバーン】【パーミッション】等の魔法&罠カードゾーンを多用するデッキでは、あえて採用しないのも立派な戦略となる。
 【エクゾディア】等、そもそも相手伏せカードを無視できるデッキでは最初から投入を見送っていい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」において表遊戯が使用し、乃亜の仕掛けた迷宮の最後の門番が伏せていた5枚のカードをまとめて吹き飛ばす爽快な活躍を見せた。
    その後「海馬vsビッグ5(大門)」戦において海馬が使用するが、《王宮の勅命》によって無効化された。
    「闇遊戯&城之内vsビッグ5」戦でもビッグ5が使用し、《聖なるバリア −ミラーフォース−》破壊するが、それこそが《デス・ヴォルストガルフ》を強化するための遊戯の二重の罠だった。
    魔法・罠除去カードはほとんど使用されない原作に対し、アニメオリジナルの「乃亜編」では比較的多く使用された。
  • アニメ5D'sにおいて、ミシェルがデュエル外において使用し、龍可を襲っていた触手を撃破した。
    触手は魔法・罠カードだったのだろうか。
  • アニメARC-Vのストロング石島のCMで、このカードが確認できる。
    また「黒マスクの男vs沢渡」戦では先攻ターン目に黒マスクの男が魔法・罠カードを5枚伏せた際に、沢渡の取り巻きの一人が「沢渡さん、大嵐っすよ!」と発言している。
    沢渡は別の手段で除去したが、複数枚セットされた魔法・罠カードにはこのカードでの全体除去がいかに効果的であるかを物語っている。
    「遊矢vs九庵堂」戦ではフィールド魔法《クイズ・フロンティア−エクストラ・ステージ》にて、「イラスト内の人は何人?」というクイズが出題された。
    遊矢は2人と答えたが、正解は3人だった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動した場合、このカード自身はどのように墓地へ送られるのですか?
A:自身の効果では破壊されず、チェーン処理終了後に墓地へ送られます
  なお、同時に複数のカード破壊された時は、破壊されたカード持ち主が任意の順番で墓地に置けます。

広告