超次元(ちょうじげん)ロボ ギャラクシー・デストロイヤー/Superdimensional Robot Galaxy Destroyer》

エクシーズ・効果モンスター
ランク10/光属性/機械族/攻5000/守2000
レベル10モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。
この効果の発動に対して、相手は魔法・罠カードを発動できない。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した光属性機械族エクシーズモンスター
 相手魔法・罠カードチェーンさせずに、相手フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する起動効果を持つ。

 レベル10を3体も要求する超重量級モンスターで、エクシーズ召喚自体が難しい。
 《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》等のサポートカードを使用してエクシーズ召喚するか、ランク10主眼の【列車】での採用となる。

 効果《ハーピィの羽根帚》と同様の相手魔法・罠カード全体除去に加え、魔法・罠カードチェーンを封じる。
 カウンター罠などは受けないが、モンスター効果の発動はできるため、《エフェクト・ヴェーラー》《スターダスト・ドラゴン》などには妨害されてしまう。
 また、《奈落の落とし穴》等の召喚時に発動する罠カード《強制脱出装置》等のフリーチェーンには完全に無力である。
 つまり、出番であるはずの伏せカードを多数並べられた状況ほど妨害されやすいというジレンマを抱えているのである。
 同じランク10には2体で済み、除去耐性がある《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》や同様に伏せ除去できる《超巨大空中宮殿ガンガリディア》などが存在するのも、優先度の下がる要因である。

 こちらを使うのならば《魔封じの芳香》等でセットを強制する、伏せカードよりも永続魔法永続罠ペンデュラムカードフィールド魔法を多用する相手に、などが考えられる。
 豪快な除去の割に取り除く素材は1つでいい上、エクシーズ素材を失っても特にデメリットは無く、蘇生制限もないので《エクシーズ・リボーン》なども使いやすい。

  • 胸部に「ギャラクシー・デストロイヤー(Galaxy Destroyer)」の頭文字である「GD」と書かれている。
  • アニメでは回数制限がなかった。
  • アニメARC-Vの第126話において、赤馬零王がリアルソリッドビジョンに関する話をしている際の回想シーンで、その姿が登場している。

関連カード

破壊効果時にチェーンして発動できないカード《神炎皇ウリア》のページを参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《スキルドレイン》等で効果無効になっている場合、《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》の効果魔法・罠カードチェーン発動することは可能ですか?
A:いいえ。「この効果の発動に対して相手は魔法・罠カードを発動する事はできない。」は効果モンスター効果として扱わないため、チェーンして発動する事はできません。(12/05/26)

Q:《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》の効果を得た《No.8 紋章王ゲノム・ヘリター》《隻眼のスキル・ゲイナー》などが、得た《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》の効果を使用した場合、相手チェーンして魔法・罠カード発動できますか?
A:いいえ、相手魔法・罠カードを発動できません。(12/11/19)


Tag: 《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク10 光属性 機械族 攻5000 守2000 ギャラクシー

広告