馬頭鬼(めずき)/Mezuki》

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
(1):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 11で登場した地属性アンデット族下級モンスター
 自身を墓地コストアンデット族蘇生する起動効果を持つ。

 墓地に存在する自身を除外するだけで効果発動でき、召喚権手札フィールドのカードを消費せずにアンデット族蘇生できる。
 蘇生先のレベル制限や効果使用回数の制限もなく、【アンデット族】の中核となるカードである。
 通常の【アンデット族】はもちろん、【ワイト】【不知火】といった派生デッキでも重要な役割を担う。
 地属性であり《終末の騎士》などが使えないため、墓地には《ユニゾンビ》を用いて落としたい。

 除外されたカード墓地等に戻すカードを用いれば、効果を何度も使用する事が可能となる。
 特に《PSYフレームロード・Ω》は相性が良く、毎ターンアンデット族蘇生が可能となる上、《不知火の隠者》1枚からシンクロ召喚できる(手順は《不知火の隠者》参照)。
 その他には《異次元からの埋葬》のほか、《虚空海竜リヴァイエール》《武神姫−アマテラス》などが有効。

  • 限定カードとして登場したため入手しにくい時期があった。
    その後は何度か再録が行われている。
  • 海外のPREMIUM PACK 2に収録されたが、封入率が操作されており入手しにくくなっている。
  • 「馬頭(めず)」(馬頭鬼)とは仏教において、地獄で亡者を責めさいなむ獄卒鬼のリーダーのことである。
    相方である牛頭鬼(ごずき)とともに牛頭馬頭として語られることが多い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード除外するのは発動コストですか?
A:コストです。(08/01/18)


Tag: 《馬頭鬼》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 アンデット族 攻1700 守800

広告