A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) ディサイシブ・アームズ/Ally of Justice Decisive Armor》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻3300/守3300
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
相手フィールド上に光属性モンスターが存在する場合、
1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。
●手札を1枚墓地へ送る事で、
相手フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。
●自分の手札を全て墓地へ送る事で、
相手の手札を確認してその中から光属性モンスターを全て墓地へ送る。
その後、この効果で墓地へ送ったモンスターの攻撃力の合計分のダメージを相手ライフに与える。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した闇属性機械族シンクロモンスター
 A・O・Jの1体であり、1ターンに1度、3種類の効果の中から1つを選択して発動する事ができる。

 1番目の効果は、ノーコストカードの種類を問わないセットカード除去
 3種の効果の中では唯一ノーコストであり、《シンクロキャンセル》とも相性が良い。
 ただし、3体を素材とする重さには見合わない効果であり、召喚反応型やフリーチェーン魔法・罠カードには無力のため、その対策は別途用意したほうがいいだろう。

 2番目の効果は、手札1枚を《ハーピィの羽根帚》に変換する効果
 《魔封じの芳香》魔法カードセットを強要するのも有効で、除去し続ける限り、相手魔法カード発動される恐れはなくなる。

 3番目の効果は、光属性限定でバーン効果の付いた《王家の生け贄》といったところ。
 ピーピングハンデスは複数枚のモンスター墓地へ送れる可能性があり、バーン効果もあるため状況次第ではフィニッシャーに成りうる。
 しかし、手札全てを墓地へ送るコスト重い上、相手手札光属性がない場合はピーピングしかできないので、有効になるかどうかは相手デッキに依存する。
 《プレゼント交換》などで攻撃力の高い光属性モンスターを送ってもよいが、事故の可能性も上がる。
 捨てる枚数は効果に影響しないため、魔法・罠カードセットしてから発動するなど、ディスアドバンテージを小さくするよう心がけたい。
 この効果発動《強制脱出装置》チェーンし、相手フィールド光属性バウンスしてダメージを増やすのも手。
 発動条件の都合上光属性フィールドに存在するため、確実な手となる。

 いずれにせよ相手フィールド光属性モンスターが存在する必要があるため、《サタンクロース》などを併用しておきたい。
 光属性主体のデッキであれば大概は問題ないが、光属性モンスターをほとんど使用しないデッキ《エフェクト・ヴェーラー》入り【光属性】には脆弱。
 また、3種のどの効果でも発動条件となる光属性モンスターそのものには干渉できない。
 同レベルには、より素材が少ない《神樹の守護獣−牙王》《天穹覇龍ドラゴアセンション》が存在するため、重い上、状況を選びやすいこちらは基本的には優先されにくい。

 このカード光属性メタ用のカードだが、かなり出しづらいため、メタとしては他の使いやすい光属性メタカードで十分なことが多い。
 このカードを採用するならば、無理なくこのカードを出せるデッキサイドデッキから投入するなど、工夫が必要である。
 他には、《幻獣機ブルーインパラス》のように種族を活用できるカードを投入したデッキに入れるという手もある。

 このカードを使用する場合も、シンクロ召喚の過程でディスアドバンテージが生じやすいため、何もせずに除去されることだけは防ぎたい。
 確実に効果を通すための《禁じられた聖槍》《禁じられた聖衣》モンスター除去をフォローできる蘇生カードなども投入しておくと良いだろう。
 また2番目と3番目の効果コストが必要なため、《エフェクト・ヴェーラー》などで効果無効化されると立て直しが難しくなる。
 無効化対策として、《月の書》《闇の幻影》《透破抜き》などを用意しておきたい。

 攻撃力の高い光属性手札に存在する事が多い【青眼の白龍】へは3番目の効果が致命傷になる可能性が高い。
 加えて《青眼の亜白龍》手札《青眼の白龍》を見せるため、この効果を活かせるタイミングを読みやすい。
 シンクロ召喚主体ならメタとしての採用も検討できる。

  • イラストの下部には山脈らしき地形が描かれている。
    それだけ巨大に作られているのだろうか。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTにおけるアドベンチャーモードのDT世界編、「混沌の覇者!!」において登場。
    《ドラグニティナイト−ゲイボルグ》に力を見せた後に《霞の谷の戦士》がデータを元に完成させ、プレイヤーに渡され、すけっとモンスターとして使用可能になる。
    攻撃モーションにはかなり力が入っているが、そのためか処理落ちしてしまう。

関連カード

効果関連(セットカード破壊

効果関連(魔法・罠除去

効果関連(ハンデス

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果になります。(09/07/04)

Q:フィールド上のセットされたカード破壊する効果の対象を選択するのは発動時ですか、解決時ですか?
A:発動時に選択します。(09/07/04)

Q:このカードの効果チェーンして《サンダー・ブレイク》《月の書》等が発動し、解決時にこのカードまたは相手フィールド上から光属性モンスターが存在しなくなった場合も処理は行われますか?
A:その場合でも処理を行います。(09/07/04)

Q:自分手札が一枚でも「手札を全て墓地へ送る事で〜」の効果発動できますか?
A:手札があるのならそれが一枚であっても発動することができます。(09/07/04)

Q:3番目の効果による「手札を確認する」「光属性モンスター墓地へ送る」「攻撃力の合計分のダメージを与える」の一連の処理はすべて同時に行いますか?
A:いいえ、「手札を確認しその中の光属性モンスター墓地へ送った」後に、相手墓地へ送った光属性モンスター攻撃力分のダメージを受けます。(09/07/06)

Q:《エクスチェンジ》効果自分手札光属性モンスター相手に渡り、3番目の効果によりそのモンスター相手手札から自分墓地へ送られた場合でもダメージを与えることはできますか?
A:はい、その元々の持ち主自分である光属性モンスター攻撃力分を含めてダメージを与えます。(09/08/11)


Tag: 《A・O・J ディサイシブ・アームズ》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 機械族 攻3300 守3300 A・O・J

広告