A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) ライト・ゲイザー/Ally of Justice Light Gazer》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2400/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの攻撃力は、相手の墓地の
光属性モンスターの数×200ポイントアップする。

 DUEL TERMINAL −ワームの侵攻!!−で登場した闇属性機械族シンクロモンスター
 相手墓地光属性に比例して自身の攻撃力強化する永続効果を持つ。

 効果相手依存な上に自己強化の上昇値が低い。
 《エフェクト・ヴェーラー》《ライオウ》等を採用するデッキは多いが、そこで得られる強化は微々たるものである。
 元々の攻撃力も低く、アタッカーとするには厳しい。
 《えん魔竜 レッド・デーモン》《スクラップ・ドラゴン》等の存在からも、これらを押し退けての採用理由はほぼない。

 取り柄はレベル8・機械族シンクロモンスターの中で唯一シンクロ素材縛りがない点だろうか。
 もっとも【機械族】であれば《カラクリ大将軍 無零怒》という選択肢があるため、やはり見劣りしてしまう。
 闇属性という点で見ればウイルスカード媒体として考慮できるため採用できるかもしれない。

 【A・O・J】では《カメンレオン》《A・O・J サウザンド・アームズ》シンクロ召喚できる。
 だがやはり他のシンクロモンスターランク4のエクシーズ召喚を狙った方が良いことがほとんど。
 《A・O・J アンリミッター》に対応する点もメリットとして見なしにくい。

  • 「ゲイザー(Gazer)」とは「(じっと)見つめる人」を意味し、転じて「観察者、取締り、監視」のことを指す。
    「Stargazer」という言葉が「星を見る者」を意味するので、日本語名は「を見る者」といったところだろう。
    敵対存在である光属性ワームを探し出し、生態を調査或いは排除するための兵器であることが窺える。
    またDUEL TERMINAL攻撃モーションや効果から、「Geyser(間欠泉)」の意味も含まれている可能性もある。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第60話において、囚人が看守に賄賂として渡していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは両方の腕から光のビームを発射して攻撃する。
    スピードデュエルでは長い間唯一のレベルシンクロモンスターだったため、使用機会は多かった。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《A・O・J ライト・ゲイザー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 機械族 攻2400 守1600 A・O・J

広告