D−HERO(デステニーヒーロー) ディスクガイ/Destiny HERO - Disk Commander》

効果モンスター(禁止カード)
星1/闇属性/戦士族/攻 300/守 300
このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

 遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP 2007 付属カードで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 D−HEROの一体であり、蘇生時にコントローラーが2枚ドローする誘発効果を持つ。

 《灼熱ゾンビ》よりステータスは劣るがドロー枚数は2枚であり、そのレベル属性種族カテゴリ・低ステータスのために、非常に多くのサーチリクルート蘇生手段に恵まれている。
 ドロー効果発動条件は、《リビングデッドの呼び声》《ダーク・クリエイター》《金華猫》を筆頭とする豊富な蘇生手段により簡単に満たすことができる。
 この効果強制効果であるため、《大嵐》等にチェーンして《リビングデッドの呼び声》等で蘇生させても問題なくドロー効果発動することが可能である。

 単体では生きず、ドロー効果使用するには蘇生が条件だが、このカード墓地へ送るための相性の良いカードは数多く存在する。
 墓地へ送るには、《終末の騎士》等を使用すると良いだろう。

 また、D−HEROサポートカードを使用できるため、《デステニー・ドロー》《オーバー・デステニー》《D−HERO ドゥームガイ》《幽獄の時計塔》等を活用できる。
 【D−HERO】で使用するならば、戦闘《D−HERO ドレッドガイ》強化には貢献しないため、召喚した後は《D−HERO ダッシュガイ》《D−HERO ドグマガイ》等のリリースにしたい。
 手間はかかるが《D−シールド》《ミスト・ボディ》によって戦闘破壊耐性を付与した《D−HERO ダイハードガイ》によって蘇生させることもできる。
 《D−HERO ドグマガイ》《強制転移》など、無防備にならないようなサポート手段を用意しておきたい。

  • Disk(あるいはDisc)とは、英語で円盤状のものを指し昨今ではCDやDVDを指すことも多い。
    このモンスターは肩や手首の部分にそのデザインが見受けられる。
  • アニメでのイラストは背景がOCGのモノより青く、ディスクの間の色がピンクになっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手墓地に存在する《D−HERO ディスクガイ》を《死者蘇生》蘇生した場合ドローするのはどちらですか?
A:《死者蘇生》発動したプレイヤーカードを2枚ドローできます。

Q:《洗脳解除》適用中、相手墓地に存在する《D−HERO ディスクガイ》を《死者蘇生》蘇生した場合、どうなりますか?
A:自分フィールド上に蘇生した後、すぐに相手フィールドに戻ります。
  その後、相手効果として効果発動して相手カードを2枚ドローします。(08/06/29)

Q:《強制転移》チェーンして、《リミット・リバース》で《D−HERO ディスクガイ》を蘇生し、コントロール相手に移した場合、カードドローするのはどちらですか?
A:効果発動する時点でコントロールしているプレイヤーカードを2枚ドローします。
  この場合は、チェーン処理が全て終了した後に、効果発動する時相手コントロールしているので、相手カードを2枚ドローします。(08/06/29)


Tag: 《D−HERO ディスクガイ》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 戦士族 攻300 守300 D−HERO HERO

広告