D−HERO(デステニーヒーロー) ディバインガイ/Destiny HERO - Celestial》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1400
「D−HERO ディバインガイ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃宣言時に、
相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、相手に500ダメージを与える。
(2):自分の手札が0枚の場合、
自分の墓地からこのカードと「D−HERO」モンスター1枚を除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した闇属性戦士族下級モンスター
 攻撃宣言時に相手フィールド表側表示魔法カード1枚を破壊してダメージを与える事ができる誘発効果、自身とD−HERO墓地コストに2枚ドローする起動効果を持つ。

 (1)の効果により、表側表示魔法カードならばペンデュラムゾーンカードフィールド魔法なども含めて破壊可能である。
 しかし発動には攻撃を介する必要があるため攻撃を封じるカードがあるとそもそも使えず、表側表示魔法カードは大抵相手ターンで既に何かしらの役目を終えている可能性があり、破壊してもアドバンテージになりにくい。
 更に相手モンスター攻撃力が高いと自爆特攻になってしまうなど、扱いづらさは否めない。
 単に表側表示魔法カードを潰すなら、発動チェーンすることで効果解決時の処理を不発にできる《サイクロン》などを入れておいた方が良い。
 基本的にこちらの効果は使えればラッキー程度に考えておけば良いか。
 もっとも、《一族の結束》などの全体強化に依存する相手には有効打になる可能性はある。
 なお、《D−HERO ドレッドガイ》特殊召喚されたターン戦闘破壊戦闘ダメージが無くなるため、相手モンスター攻撃力で上回る場合も気軽に攻撃して効果を利用できる。

 本命は(2)の効果であり、墓地コストのみで2枚ドロー可能なのはアドバンテージ獲得能力が然程高くない【D−HERO】にとって魅力的。
 手札0という発動条件墓地へ送られたターン発動できない制約があるため、墓地へ送るカードで素早く墓地へ送りたい。
 《D−HERO デッドリーガイ》とは相性がよく、手札コストを要するため手札0の発動条件を満たしやすく、尚且つあちらの効果手札デッキのこのカード墓地へ送れる
 更に相手ターン墓地へ送ってしまうことで返しの自分ターンに即座に効果発動できる点でもシナジーがある。

  • ディバイン(Divine)とは、「神」、「神聖な」「天与の」という意味である。
    恐らく後ろにある輪っかのような飾りを神と見立てているのだろう。
    英語名では宗教上の理由等からGodの単語は使用されず、このDivineで代用される事がある。
    なお、アニメ5D'sにもディヴァインというキャラが登場しているが、名前が同じこと以外はこのカードとは関係ない。
    • 英語名の「celestial」は「天の」「最高な」「神聖な」などを意味する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《D−HERO ディバインガイ》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1600 守1400 HERO D−HERO

広告