DDD(ディーディーディー)磐石王(ばんじゃくおう)ダリウス/D/D/D Stone King Darius》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/悪魔族/攻1900/守1000
悪魔族レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分フィールドの「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードはその戦闘では破壊されず、
ダメージ計算後にその相手モンスターを破壊し、
相手に500ダメージを与える。

 マキシマム・クライシスで登場した地属性悪魔族エクシーズモンスター
 契約書破壊してドローする誘発即時効果、自身に戦闘破壊耐性を与え、戦闘を行った相手モンスター破壊ダメージを与える誘発効果を持つ。

 エクシーズ素材レベル3の悪魔族を指定しているが、レベル3のDD《DDナイト・ハウリング》しか存在しない。
 DDだけでエクシーズ召喚を行う場合は《DDナイト・ハウリング》効果同名カードを並べるか、《DDバフォメット》で他のDDレベル3にする必要がある。
 一方、《魔界発現世行きデスガイド》ならば1枚でエクシーズ召喚が可能なため、そちらを利用するのも手である。

 (1)はフィールド契約書ドローに変換する効果
 相手ターンでも使えるため、このカードもしくは契約書除去に狙われた時にドローに変換できる。
 他にも、契約書共通のスタンバイフェイズダメージを事前破壊することで回避することもできる。
 永続魔法契約書腐っているのならば、疑似的に手札交換のようにも扱える。

 (2)は自身への戦闘破壊耐性付与・相手モンスター除去バーンを行う効果
 自分ターンに使い自爆特攻すれば戦闘ダメージは受けるが除去として機能する。
 相手ターンでも発動可能なので、攻撃への牽制にもなる。
 同ランク破壊効果持ちには縛りが無い《幻影騎士団ブレイクソード》も存在するが、こちらは他のカードを道連れにしない点や対象を取らない点で差別化は十分に可能である。
 この効果を目当てに、《魔界発現世行きデスガイド》を採用したデッキに採用することも考えられる。

  • 他のDDDの命名則から考えると、ラテン語の人名「ダリウス(Darius)」から来ていると思われる。
    ギリシア語では「ダレイオス(Dareios)」となるのだが、この名前を持つ王はペルシアに限っても1世2世3世と複数いるため、ここから先の特定は難しい。
    また、「磐石」とはしっかりしていて堅固な様を表す。
    大きな岩という意味もあるため、地属性なのはそこから来ているのだろう。
  • エクシーズ召喚時の口上は「難攻不落の無敵の王よ。今、悠久の時を超え、降臨せよ!エクシーズ召喚!生誕せよランク3《DDD磐石王ダリウス》!」
    • アニメの字幕では「磐石」ではなく「盤石」となっていた。

関連カード

−名前関連

エクシーズ素材にできるモンスターについては《魔界発現世行きデスガイド》を参照

―自身の効果レベル3・悪魔族になれるカード

収録パック等


Tag: 《DDD磐石王ダリウス》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク3 地属性 悪魔族 攻1900 守1000 DD DDD

広告