DD(ディーディー)ゴースト/D/D Ghost》

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 600/守 300
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の、
「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または
「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
その同名カード1枚をデッキから墓地へ送る。
(2):このカードが除外された場合、除外されている自分のカードの中から、
「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または
「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。

 マキシマム・クライシスで登場した闇属性悪魔族下級モンスターチューナー
 墓地へ送られた場合に墓地DDまたは契約書同名カード墓地へ送る誘発効果除外された場合にDDまたは契約書墓地に戻す誘発効果を持つ。

 DDでは初となるレベルチューナー
 《DDD烈火王テムジン》蘇生させ、《DDD呪血王サイフリート》などのレベルシンクロモンスターに繋ぐのが主となるか。
 《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》蘇生させ、レベル10の《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》《DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン》に繋ぐことも可能である。

 (1)は墓地へ送られた場合に墓地DD契約書1枚と同名カードデッキから墓地へ送る効果
 どこからでも墓地へ送られればいいため、発動は容易。
 自身がチューナーなのでシンクロ召喚から発動することも可能な他、《DDスワラル・スライム》融合素材にした場合などでも発動可能。
 他のカードでこのカードを直接墓地へ送ることで発動させることも可能。
 墓地を肥やす効果により、墓地コスト蘇生先、墓地効果発動できる《DDネクロ・スライム》《DDスワラル・スライム》を用意できる。
 ただし、墓地へ送ることができるのは既に墓地に存在するカードのみであり、序盤からピンポイントの墓地アドバンテージを得るのは難しい。
 そういった役目は《DD魔導賢者コペルニクス》に譲り、こちらは中盤以降に墓地の枚数を増やす目的で使うのがいいだろう。

 (2)は自身が除外された場合に除外されているDD契約書墓地に戻す効果
 どこから除外されても発動するが、(1)の効果を考えると《DDネクロ・スライム》《魔神王の契約書》墓地から除外することになる。
 契約書除外される機会はあまりないため、基本はモンスター戻すことになる。
 特に《DDネクロ・スライム》はこのカードと共に除外された後、墓地に戻すことで次のターン効果の再利用を狙える。
 他には《DDスワラル・スライム》《DDラミア》も自身の効果除外されるため、墓地に戻す候補になる。

 どちらの効果1ターンに1度の制限がない。
 墓地へ送った後に蘇生させシンクロ素材に使うなどすれば大量に墓地を肥やすことも可能。

  • ひび割れた黄色い結晶の中に猫のような影が見えるという、あまり「(亡霊という意味の)ゴースト」要素の感じられない姿をしているが、これはモチーフ元が「ゴーストクォーツ」であるからだろう。
    「ゴーストクォーツ」とは、水晶の成長が一度止まった後に含有成分が変わりつつまた成長した結果誕生する鉱石で、「ファントムクォーツ」「ゴースト水晶」とも呼ばれる。
    内部に幽霊のように別の水晶が透けて見えることから、この名前がついたという。
  • アニメでは墓地に別の《DDゴースト》が存在すればデッキから3枚目の《DDゴースト》を墓地へ送ることもできたが、代わりに(2)の効果はなかった。
  • 零児の融合召喚時の口上では「闇に蠢く亡霊」と称されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《DDゴースト》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星2 闇属性 悪魔族 攻600 守300 DD

広告