DD(ディーディー)ナイト・ハウリング/D/D Nighthowl》

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 300/守 600
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、
そのモンスターが破壊された場合に自分は1000ダメージを受ける。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

 ブースターSP−レイジング・マスターズ−で登場した闇属性悪魔族下級モンスターチューナー
 DD攻撃力守備力0にし、破壊された時にダメージを受けるデメリットを付与して蘇生する誘発効果を持つ。

 その効果によって、レベルDD蘇生してレベルシンクロモンスターへ繋げるのが基本となる。
 この時、《DDケルベロス》ペンデュラム効果《DDバフォメット》モンスター効果でこのカードレベル4に変更すれば、《DDD怒濤王シーザー》《DDD呪血王サイフリート》と使い分ける事も可能。
 蘇生できるモンスターレベル制限はなく効果無効にされることもないので、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》蘇生して蘇生効果除外効果を使うこともできる。
 変わった使い方としては、蘇生したモンスター攻撃力が0になる点を《地獄の暴走召喚》トリガーとして利用することも可能。

 ただし、モンスター効果の発動後は悪魔族以外特殊召喚できなくなるデメリットが発生するため、シンクロ召喚エクシーズ召喚先は大きく制限されエクストラデッキの構成も絞られる。
 高レベルDDDとでシンクロ召喚できるモンスターがないのはチューナーとしては無視できない欠点であり、《DDラミア》の登場後は【DD】でもあまり採用されなくなった。

  • 「ハウリング(howling)」とは英語で「遠吠え、咆哮」を意味し、訳としては「夜の遠吠え」といったところか。
    また、マイクアンプで音が循環し雑音を生じる現象もハウリングと呼ばれ、音叉チューナーであることから、そちらの意味もかけているのだろう。
  • アニメではNormalだった。
    テキストは2戦目において紹介されたため、1戦目との効果の差異は不明。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージを受ける効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(14/08/09)

Q:悪魔族以外のモンスター特殊召喚したターンでも(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/10/18)


Tag: 《DDナイト・ハウリング》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻300 守600 DD

広告