E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン/Elemental HERO Solid Soldier》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下の「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが魔法カードの効果でモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
「E・HERO ソリッドマン」以外の自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 Vジャンプ(2018年3月号) 付属カードで登場した地属性戦士族下級モンスター
 召喚に成功した時に手札からレベル4以下のHERO特殊召喚できる誘発効果、自身が魔法カード効果モンスターゾーンから墓地へ送られた場合に同名カード以外のHERO蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)は手札からHEROを展開する効果であり、主にチェンジ速攻魔法対象リンク素材エクシーズ素材を調達する目的で使うことになるだろう。
 可能ならば《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》といった特殊召喚に成功した際に効果発動できるモンスターアドバンテージを稼いでおきたい。
 同レベル種族属性で類似効果を持つ《ゴブリンドバーグ》と比較しても、HEROに属する点や追加効果を持つ点でよりHEROデッキとのシナジーは高い。
 同じくE・HEROであり同用途で活躍した《E・HERO バブルマン》と比較して、展開の容易さと拡張性の両面でより扱いやすくなっている。
 一方で、あちら同様、融合召喚を行う上ではわざわざフィールドに並べずとも手札融合が可能なため、可能な限り特殊召喚先は追加効果でのアドバンテージ獲得を狙いたい。

 (2)は蘇生効果であり、融合召喚魔法カードチェンジ速攻魔法効果で能動的に墓地へ送り発動できる。
 この効果手札融合では使用できないため、このカードフィールドへの展開が前提となり、そのため(1)による召喚権のフォローが活きる形となる。
 こちらは(1)の効果と違い守備表示指定となるもののレベルなどの制限がないため、《D−HERO ドレッドガイ》などの最上級モンスター蘇生可能である。
 しかし、コンタクト融合を除くほとんどの融合モンスター等、HEROの大型は多くが蘇生不可であり、レベル5以上での選択肢は多いとは言えない。
 蘇生が可能な融合モンスターである《V・HERO アドレイション》融合素材HEROモンスター2体と緩いため出しやすく、攻撃力を下げる効果をすぐに使えるため有力な候補となる。
 効果無効にならないため、《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》等を再利用し次の手に繋ぐ形での運用が多くなるだろう。

 2つの効果はともに展開に関するものであり、リンク素材融合素材の調達や消費の激しさを大きくカバーできる能力である。
 一方で、融合モンスターを主体とすることが多い各種HEROデッキにおいて、その展開力を存分に活かすにはリンクモンスターの存在が不可欠となる。
 特に、(2)の効果は主に融合モンスター特殊召喚するカードをトリガーとする都合上、リンクマーカーが不足していると、蘇生からの展開の幅が狭まってしまう。
 よって、このカードの優先的な役回りは、複数枚採用からの(1)のによるリンク召喚で、着実な初動の流れを作るためのものとなるだろう。
 リンク素材では(2)は使用できないが、2枚目以降の活用や、大量展開を狙わずとも良い場面等、充分に使い分けて活用の機会は見込むことができる。

 《マスク・チェンジ》効果墓地へ送ることで、M・HEROの中でも高い攻撃力を持つ《M・HERO ダイアン》特殊召喚できる。
 このカードの(2)の蘇生効果とあちらのリクルートで追加展開も狙えるため、効果の相性も良い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《E・HERO ソリッドマン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1300 守1100 HERO E・HERO

広告