E−HERO(イービルヒーロー) マリシャス・デビル/Evil HERO Malicious Fiend》

融合・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3500/守2100
「E−HERO マリシャス・エッジ」+レベル6以上の悪魔族モンスター
このカードは「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手バトルフェイズの間、相手フィールドの全てのモンスターは、
表側攻撃表示になり、攻撃可能な場合はこのカードを攻撃しなければならない。

 デュエリストパック−十代編3−で登場した炎属性悪魔族融合モンスター
 E−HERO融合モンスター共通の召喚条件、全ての相手モンスター攻撃表示にして攻撃を強制する永続効果を持つ。

 融合素材縛りはやや緩いが、《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》以外では融合召喚できない。
 【ダーク・ガイア】においては、《E−HERO マリシャス・エッジ》を含めた高レベル悪魔族モンスターを自然に採用できるため、エクストラデッキに挿しておけば融合召喚時の選択肢を増やせる。
 自身もレベル6以上で高攻撃力悪魔族であるため、破壊された後も《ダーク・コーリング》で2枚目のこのカード《E−HERO ダーク・ガイア》への布石となる。

 基本的に、《E−HERO マリシャス・エッジ》上級以上の悪魔族が必要になるため、《E−HERO ダーク・ガイア》に比べデッキ構築は限られる。
 しかしながら、確実に高い攻撃力が得られ、《エフェクト・ヴェーラー》等に強い点から、然るべき構築であればこちらのほうが安定性で勝る。
 融合素材の関係上、手札事故を招きやすいようにも見えるが、実際は《トラゴエディア》《冥府の使者ゴーズ》といったものに加え、《E・HERO プリズマー》《悪魔の嘆き》による墓地送り《魔界発現世行きデスガイド》を利用した《破壊神 ヴァサーゴ》リクルート等でカバーできる範囲である。
 【マリシャス・ビート】においては、《E−HERO ヘル・ブラット》《バトルフェーダー》を共有できる《邪帝ガイウス》融合素材となるため、切り返しや追い込みに有用な1枚と言えよう。
 1ターンキルには向かないが、これらのモンスターライフを削っていれば十分フィニッシャーと成りうる。
 また、《融合準備》でのサーチ要員としての投入もできる。

 効果は、全ての相手モンスター攻撃表示に変更させ、このモンスター攻撃を強制させる永続効果
 自身の攻撃力の高さから自爆特攻を誘った上でライフも大幅に削り、次のターン直接攻撃で止めを刺す動きが狙えるが、それをわかって相手バトルフェイズに入ることはないだろう。
 この点は、《覇王城》《死魂融合》等で相手バトルフェイズ中に融合召喚することで補助が可能。
 《覇王城》効果自爆特攻されたこのカード攻撃力も大幅に上がるので、さらに勝利に近づく。
 その他、下記の《タイム・イーター》《燃え竹光》などと組み合わせるコンボもできなくはないが、手札事故を起こしやすい。
 また、上記のカードと比べると爆発力は落ちるが、《昇天の剛角笛》なら相手にこのカードに総攻撃するか、そのままターンを終了するかの二択を迫れる。
 表示形式を変更させることもできるが、《E−HERO ダーク・ガイア》とは違いリバース時の誘発効果発動してしまう。

 ただし、同じ融合素材《E−HERO マリシャス・ベイン》が出せてしまう。
 あちらは場持ちがよく全体除去によるアドバンテージ獲得能力もあるため、単純な使い勝手では大きく劣る。
 こちらは融合素材代用モンスターのようなカード名を指定したサポートカードが使えるのでそれらで差別化を行いたい。

  • イラストを見るとマスクの目に当たる部分にスリットが入っているが、アニメ版のソリッドビジョンではスリットは描かれていない。
  • 登場回のサブタイトルでは「最凶のE−HERO」と呼ばれている。
  • アニメでのイラストOCGと比べてアップになっており、右腕とその武器が強調されて描かれている。
    また腹にペンデュラムのようなものが入っているのがはっきりと確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 3においても覇王十代が切り札として使用してくる。
    また、攻撃名が「エッジ・ストリーム」であることが判明した。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:永続効果です。(10/03/30)

Q:融合素材代用モンスターは使用できますか?
A:使用できます。
  この時融合素材代用モンスターは、《E−HERO マリシャス・エッジ》の代わりとなります。
  《E−HERO マリシャス・エッジ》は「レベル6以上の悪魔族モンスター」なので、結果として「《E−HERO マリシャス・エッジ》融合素材代用モンスター」で融合召喚することができます。(14/04/28)

Q:相手攻撃宣言時、《異次元隔離マシーン》破壊される等してこのカードフィールドに現れた場合、攻撃対象は変更されますか?
A:変更され、バトルステップの巻き戻しは起こりません。(09/06/20)

Q:《E−HERO マリシャス・デビル》が自分フィールドに2体、または《ヴォルカニック・デビル》と同時に存在している場合、相手はどちらを攻撃することになりますか?
A:コントロールしているプレイヤーがどちらに攻撃させるかを選択して、相手モンスター攻撃させます。(09/08/07)

Q:相手フィールドにこのカード《闇の侯爵ベリアル》が存在する時にバトルフェイズを行う場合、どのような処理になりますか?
A:この場合、このカードの効果でこのカード攻撃しなければなりません。(15/06/04)

Q:相手フィールドに《E−HERO マリシャス・デビル》と《暗黒の扉》が存在している時に、自分フィールドモンスターが2体以上存在する状態でバトルフェイズを行う場合、どのような処理になりますか?
A:自分モンスター1体でのみ攻撃を行います。(10/10/27)


Tag: 《E−HERO マリシャス・デビル》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 悪魔族 攻3500 守2100 HERO E−HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告