EM(エンタメイト)ヒックリカエル/Performapal Turn Toad》

ペンデュラム・効果モンスター
星2/水属性/水族/攻   0/守 800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
【モンスター効果】
(1):自分バトルフェイズに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更し、その攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した水属性水族下級ペンデュラムモンスター
 モンスター1体の攻撃力守備力を入れ替えるペンデュラム効果と、自分バトルフェイズ中にモンスター1体の表示形式を変更し、攻撃力守備力を入れ替える誘発効果を持つ。

 ペンデュラム効果対象が1体となり毎ターン発動できる《右手に盾を左手に剣を》とも言える効果
 ステータスが偏ったモンスター戦闘補助に利用でき、1ターン攻撃力守備力が元に戻るため、《絶対防御将軍》なら毎ターン高い守備力攻撃することが可能。
 攻撃力守備力共に高いモンスターはあまり多くないため、コンボを意識せずとも利用しやすい効果であり、サーチの効きやすい永続魔法感覚で使用するのもありだろう。
 そのステータスからサルベージもしやすいが、低レベルペンデュラムモンスター故にエクストラデッキに送られると回収が難しくなる。

 モンスター効果バトルフェイズ中の表示形式変更と攻撃力守備力を入れ替える効果
 基本的には守備力の高いモンスター攻撃に参加させたり、表示形式を変更することで効果を発揮したりするカードとのコンボが主体となる。

 フィールドモンスター対象にとることを利用して、《聖刻龍−ドラゴンヌート》《青き眼の乙女》などといったカードと組ませるのもいいだろう。
 類似カードと比べるとこのカードの場合は単純に戦闘補助にも使え、他にペンデュラムモンスターがあればペンデュラム召喚にも繋げられる利点がある。

  • アニメARC-Vで遊矢が使用した通常罠《EMアフター・エンドロール》・《復活のエンタメ−リボーン・フォース−》のイラストに描かれている。
  • 召喚時の口上は「逆境をひっくり返せ!《EMヒックリカエル》!」。

関連カード

―《EMヒックリカエル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)のモンスター効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/04/19)

Q:(1)のモンスター効果攻撃宣言時に発動できますか?
  また、攻撃宣言時に発動した《虚栄巨影》効果処理後、相手《強制脱出装置》よりも先にこの誘発効果発動できますか?
A:攻撃宣言時に発動する事もできます。
  なお、《虚栄巨影》効果処理後のタイミングにて、相手《強制脱出装置》発動する前にこの誘発効果発動する事はできません。(14/06/14)

Q:攻撃力守備力が同じモンスターを選択して(1)のモンスター効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/25)

Q:攻撃力守備力が同じモンスターを選択して(1)のペンデュラム効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/05/01)

Q:このカードモンスター効果裏側守備表示《コマンド・ナイト》を選択して《コマンド・ナイト》表側攻撃表示になった場合、《コマンド・ナイト》攻撃力守備力がいくつになりますか?
A:《コマンド・ナイト》元々の攻撃力守備力が入れ替わり攻撃力1900・守備力1200になり、その後自身の効果攻撃力がアップし最終的に攻撃力2300・守備力1200になります。(14/05/01)


Tag: 《EMヒックリカエル》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星2 水属性 水族 攻0 守800 スケール3 EM

広告