EM(エンタメイト)モンキーボード/Performapal Monkeyboard》

ペンデュラム・効果モンスター(禁止カード)
星6/地属性/獣族/攻1000/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
「EMモンキーボード」の(2)のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンに「EM」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
(2):このカードを発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル4以下の「EM」モンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。
このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した地属性獣族上級ペンデュラムモンスター
 発動したターン下級EMサーチするペンデュラム効果EMが存在しない場合にペンデュラムスケールを4にするデメリット、自身を手札から捨てることでEMオッドアイズレベルを下げる起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果EM1枚をサーチする効果
 ペンデュラムスケールは1であり、高いペンデュラムスケールを持つEMサーチしてくることで、ペンデュラム召喚の準備を1枚で整える事が可能。
 EM以外がペンデュラムゾーン置かれているとスケール4となるデメリットがあるが、自身がEMサーチできるのでほとんどデメリットになっていない。
 現役時代には【EM】ペンデュラム召喚を安定させる核となり、環境【EMEm】一強化に大きく貢献した。

 現役時代は《EMドクロバット・ジョーカー》無制限カードだったので、容易にサーチできた。
 逆にこちらから《EMドクロバット・ジョーカー》サーチもできるので、欲しいEMを直にサーチせずに《EMドクロバット・ジョーカー》を挟んで1枚分のアドバンテージを得られた。

 (2)のペンデュラム効果を使った後に維持してもデメリットしかないので、《EMペンデュラム・マジシャン》破壊しつつ同名カードサーチして次のターンに備えるとよい。
 またこの流れが相手に妨害された場合に備え、《揺れる眼差し》などのアフターケアを用意するのもよい。
 もう片方のペンデュラムゾーンが開いている必要はあるが、《竜剣士ラスターP》でも同様に破壊同名カードサーチが可能。

 一方、モンスター効果は自身を手札から捨てて手札モンスターレベルを1下げるというもので、使い途に乏しい。
 ペンデュラムゾーン置き《EMオッドアイズ・ユニコーン》サーチすればレベルを下げずとも展開できるので、このモンスター効果を使う機会はまずない。

 このカードと、このカードサーチできる高スケールEM《EMドクロバット・ジョーカー》の3種を出張させるだけで、ほとんどのデッキペンデュラム召喚を組み込む事ができた。
 当時存在した他のペンデュラム召喚出張ギミックと比べても、既存のデッキに上乗せするだけで機能する点で段違いに優秀だった。
 当時、ペンデュラム召喚先に縛りのないEMが持つ最も高いスケール《EMオッドアイズ・ユニコーン》の8だったので、《EMモンキーボード》と合わせてレベル2〜7までのペンデュラム召喚が可能。
 実際には、スケール6止まりだがドロー効果もある《EMリザードロー》が特に多用された。
 またこのカードサーチ先を通常のドローで引いてしまうのを防ぐため、デッキ枚数を多くするのも有効な戦略であった。

 ペンデュラム召喚以外にも、《EMヒックリカエル》のようにステータスを変動させるEMサーチすれば、戦闘サポートにも使えた。
 汎用ステータス変動カードは大概サーチが効かないので、コンボデッキで少しでも安定性を求める場合は有用な選択肢だった。

  • 登場してから禁止カードに指定されるまでの期間は167日で、奇しくも【EMEm】などで共に活躍していた《Emヒグルミ》と最速タイ記録である。
    • 余談ではあるが、このカードが規制された2016年はうるう年であった。
      もしそうでない年であったならば2月29日がない分だけ1日短くなり、このカードが禁止指定単独最速になっていたであろう。
  • モチーフは見た目の通り「モンキー(猿)」と「キーボード」だろう。
  • 「遊矢vs勝鬨」(2戦目)で遊矢が使用した通常罠《アクロバット・タワー》のイラストに描かれている。
  • 2016年4月〜9月におけるOP・ED映像にも登場していた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《EMモンキーボード》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星6 地属性 獣族 攻1000 守2400 スケール1 EM

広告