FNo.(フューチャーナンバーズ)未来皇(みらいおう)ホープ−フューチャー・スラッシュ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク0/光属性/戦士族/攻   0/守   0
「No.」モンスター以外の同じランクのXモンスター×2
ルール上、このカードのランクは1として扱う。
このカードは自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターまたは
「FNo.0 未来皇ホープ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力はお互いの墓地の「No.」Xモンスターの数×500アップする。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック19 付属カードで登場した光属性戦士族エクシーズモンスター
 ランク1として扱い、希望皇ホープまたは《FNo.0 未来皇ホープ》に重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキストお互い墓地No.の数だけ攻撃力を上げる永続効果戦闘破壊されない永続効果2回攻撃を可能にする起動効果を持つ。

 通常のエクシーズ素材《FNo.0 未来皇ホープ》と同じだが、No.以外のエクシーズモンスターを要求する点と(1)の効果の噛み合いが悪い。
 《マスター・ピース》で出すにしても、防御時ならば《FNo.0 未来皇ホープ》の方が適しているので、このカードを出す場合は攻め時に出したい。
 希望皇ホープ《FNo.0 未来皇ホープ》に重ねてのエクシーズ召喚も可能であり、こちらの方が出しやすく(1)の効果ともシナジーさせやすい。

 (1)のNo.に比例した自己強化と(3)の2回攻撃により非常に攻撃的な性能を持つ。
 汎用性の高いNo.は幾つかあるが、相手エクストラデッキに多数入っているとは限らないので、自分No.を多数採用した上で使うのが良い。
 アタッカーとしての活躍を期待するのであれば、墓地に5体程度はNo.を溜めたいところである。
 墓地No.が8体存在すれば攻撃力4000となるため、このカードだけでも1ターンキルが狙える。
 下準備を省くだけなら《鬼神の連撃》を使う手も考えられるが、(3)の2回攻撃と被る上に消費が激しくなるため、あまり現実的ではないだろう。

 《轟雷帝ザボルグ》を使うことで相手エクストラデッキからも合わせて8体以上を容易に墓地へ送れるため1ターンキルも容易い攻撃力となる。
 また、《No.93 希望皇ホープ・カイザー》エクシーズ素材効果の関係上No.を多用するカードなので相性が良く、破壊耐性で生き残った次のターンにこのカードを重ねて出せる。
 【金華猫】【ダストン】《No.93 希望皇ホープ・カイザー》を用いる場合、ランク1の《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》の存在も含めて採用を検討できる。

 【希望皇ホープ】ならば多数の希望皇ホープを扱うため、デュエル中盤以降に高攻撃力連続攻撃持ちのアタッカーとして期待できる。
 《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》とも意外と相性は良く、あちらの効果蘇生させた希望皇ホープにこのカードを重ねられ、逆にメインフェイズ希望皇ホープ墓地へ送ることであちらの蘇生対象を確保できる。

 (2)の戦闘破壊耐性は、墓地No.が少ない場合に一時的とは言え緊急時のとして活かせる。
 カードの効果による破壊耐性がなく過信は禁物だが、一時凌ぎには十分だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《FNo.0 未来皇ホープ−フューチャー・スラッシュ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク1 光属性 戦士族 攻0 守0 No. ホープ

広告