(ヒロイック)(チャレンジャー) 強襲(きょうしゅう)のハルベルト/Heroic Challenger - Assault Halberd》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 200
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
デッキから「ヒロイック」カード1枚を手札に加える。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性戦士族下級モンスター
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果貫通効果戦闘ダメージトリガーヒロイックサーチする誘発効果を持つ。

 (1)の効果《サイバー・ドラゴン》と同じ召喚ルール効果
 手札召喚可能な他のレベル4があればエクシーズ召喚につなげられる。
 この用途の場合、召喚条件をより満たしやすい《フォトン・スラッシャー》が存在するが、あちらと違いデメリット効果がなくメリット効果を持つ点が優位である。
 また、こちらは通常召喚も可能なので、同名カード《カゲトカゲ》等のモンスターとの併用でもエクシーズ召喚が狙える。

 (2)の効果貫通効果
 守備表示モンスターが出る機会自体は減っているが、相手モンスター表示形式によらず確実に(3)の効果発動するトリガーとなる。
 自身の攻撃力下級アタッカークラスであり、ある程度のダメージ量が期待できる。

 (3)の効果は、戦闘ダメージを与えた場合にヒロイックカードサーチする効果
 (2)の貫通効果発動条件を満たしやすく、単体強化《ヒロイック・チャンス》等のサポートカードを使用できるので発動の機会は多い。
 さらにモンスター魔法・罠カードサーチ可能なので、状況に合わせて幅広く対応できる。
 サーチ対象モンスターならば、展開の起点となる同名カード《H・C サウザンド・ブレード》《H・C ダブル・ランス》が使いやすい。
 魔法・罠カードとしては、ヒロイック切り札となる《ヒロイック・チャンス》や、返しのターンに備えて《ヒロイック・リベンジ・ソード》等をサーチするといいだろう。

 《アサルト・アーマー》と相性が良く、あちらの発動条件と(1)の特殊召喚効果の条件が近い事から併用しやすい上に、2回攻撃サーチの回数を増やせる。
 サーチ可能で高打点モンスターも倒せる《ヒロイック・チャンス》とは一長一短の関係だが、【ヒロイック】においてはどちらも《H−C エクスカリバー》による1ターンキルに使用できるため、採用して損はない。

 総じて、実用性の高い3つのメリット効果を持ち、エクシーズ素材にもアタッカーとしても運用しやすい。
 【ヒロイック】では主力として運用できるモンスターである。
 下級アタッカーとして十分な攻撃力を持つ上に同名カード以外のヒロイックがなくともサーチャーとして機能するため、【ヒロイック】以外のデッキへの採用も検討できる。
 ランクエクシーズ召喚への繋げやすさ、単体でアドバンテージを得られる強力さが評価され、登場以降【テラナイト】【E・HERO】等に組み込まれ活躍している。
 この点で《フォトン・スラッシャー》《ブリキンギョ》等のレベル4の特殊召喚要員として比較すると、貫通戦闘によってアドバンテージを稼ぎやすい点や、デメリットがない点が評価できる。
 一方で、先攻ターン目からの展開が難しい点や、投入するならば複数枚の投入が前提となる点では劣る。
 特に《フォトン・スラッシャー》とは似ているようで相性の良いデッキは異なるので、属性種族なども加味して採用するカードを選びたい。

関連カード

―同じ特殊召喚効果を持つモンスターについては《サイバー・ドラゴン》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《H・C 強襲のハルベルト》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1800 守200 H・C ヒロイック

広告