Kozmo(コズモ)−ダークプラネット/Kozmo Dark Planet》

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
レベルの合計が10以上になるように、手札の「Kozmo」モンスターを除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):魔法カードが発動した時、自分の墓地から「Kozmo」モンスター1体を除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル9以下の「Kozmo」モンスター1体を手札に加える。

 EXTRA PACK 2016で登場した闇属性機械族特殊召喚モンスター
 最上級Kozmo共通の永続効果墓地Kozmoコスト魔法カードカードの発動無効にして破壊できる誘発即時効果破壊され墓地へ送られた場合に自身を除外する事でKozmoサーチできる誘発効果を持つ。

 特殊召喚モンスターなのでKozmo共通の効果特殊召喚できず、自身の持つ特殊召喚方法は手札を消費するため効率が悪い。
 同名カードを使えば除外は1枚で済むので、《Kozmo−ドロッセル》《Kozmo−エメラルドポリス》で手早く揃えたい。
 《サイコパス》等も併用すれば、手札消費の荒さはある程度カバーできる。

 共通効果である(1)の耐性《Kozmo−フォアランナー》、(3)の効果《Kozmo−ダークエクリプサー》を参照。

 固有の効果として、魔法カード無効にするカウンター能力を持つ。
 除去モンスター効果が中心の環境ではあるが、(1)の耐性で防ぐことができない《ブラック・ホール》などを妨害できるのは大きい。
 それ以外でも魔法カードは展開や主戦術の要となる場合が多く、それらを封じる事で高い拘束力が期待できる。
 《Kozmo−ダーク・エルファイバー》《Kozmo−ダークエクリプサー》と並べて、相手カードを次々と無効にする構築も面白いだろう。
 ただし、《Kozmo−ダークエクリプサー》と同様に、Kozmoを中心としたデッキでは自然に溜まりにくい墓地コストを要求している点がやや痛い。
 自身の特殊な召喚条件もあるため、あちら以上にこのカードを予め意識した構築とプレイングが求められる。

  • 英語名イラストから、スター・ウォーズに登場する銀河帝国軍の惑星型要塞兵器「デス・スター」が元ネタのカードであると思われる。
    イラストでは球体の周りを城塞のような金属枠が囲っており、「オズの魔法使い」側のモチーフである「西の魔女の城」の要素も多少含まれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《Kozmo−ダークプラネット》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 機械族 攻4000 守4000 Kozmo 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告