No.(ナンバーズ)10 白輝士(しろきし)イルミネーター/Number 10: Illumiknight》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2400/守2400
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動する事ができる。
自分の手札を1枚墓地へ送り、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した光属性戦士族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を取り除いて手札交換する起動効果を持つ。

 3体のエクシーズ素材を揃える方法については《ヴァイロン・ディシグマ》を参照。

 3体を必要とする割にステータスは平凡な上級モンスタークラスであり、耐性もないため除去されやすい。
 効果1ターンに1度手札交換でありアドバンテージを得られる訳でもなく、同じエクシーズ素材で出せる、多くの素材のディスアドバンテージを回復できるモンスター達と比べても見劣りする。
 墓地へ送られた場合をトリガーとするカードシャドールなどがあるが、このカードを出さずとも墓地へ送る手段が存在する。
 光属性戦士族という点を考慮しても、【戦士族】全般では同種族属性エクシーズモンスターにはエクシーズ素材2体で出せる《H−C エクスカリバー》等の攻撃力のより高いモンスターも多く、このカードの投入の余地は少ない。
 光属性戦士族どちらに統一するとしても、希望皇ホープ《星輝士 デルタテロス》のような汎用性の高いカードが存在する上に、《武神帝−ツクヨミ》ならば似たような手札交換が可能である。
 墓地肥やしをしたいデッキでもこのカードを出せる時点でデッキが回っている事が多い。
 苦労して出した分の見返りが少なく、他の同じ素材を必要とするエクシーズモンスターを差し置いてまでの採用は非常に厳しい。

 「ランク4を出しやすく、なおかつ墓地へ落としたいカードがあるデッキ」自体は、【ゴゴゴ】【紋章獣】などが存在している。
 ただ、前者は既に墓地が肥えていないと素材3体のエクシーズ召喚はできず、後者は素材2体の《No.18 紋章祖プレイン・コート》が存在する。
 【光天使】ならば3体素材を採用しやすく、ドロー加速ができるので採用の余地はあるか。

  • カード名の「輝士」は「騎士」に掛けていると思われる。
    「illuminator」は英語で「彩飾者」等の意味があり、こちらも光・輝きと関連しており、「ナンバーズガイド」でも白光の騎士と紹介されている。
    • 英語名はこの「Illuminate」と「Knight(騎士)」を組み合わせたものと思われ、「白輝士」という言葉を上手く訳している。
  • アニメZEXALのモンスター人気投票-ナンバーズ編-の紹介映像では「白騎士」と誤植されていた。
    公式サイトの投票ページでは正しいカード名となっている。
    • オーバーレイガイド2でも、スピードデュエルのデッキ紹介ページで「No.10 輝士イルミネーター」と誤植されている。
  • イラストでは、右肩のプロテクターに自身のナンバーである「10」が描かれている。
  • 英語版では「シマーリング・ソード・スラッシュ」という攻撃名が存在する。
    「シマーリング(Shimmering)」とは「キラキラ輝く」という意味である。
  • エクシーズ召喚時は緑色の宝石がついた四本足のオブジェの形をしており、そこから展開される事でイラストの姿となった。
  • ZEXALII(セカンド)では、ベクターが放った偽のNo.である《No.10 黒輝士イルミネーター》を徳之助が拾っている。
    属性闇属性へと変更されており、イラストも変わっていたが、効果は同じだった。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのADXのEXしょうかん時の追加コマンドは「リロード」であり、スキャンできるカードの中で優秀な効果を持つ。
    また、攻撃方法は剣に炎をまとって斬撃を繰り出すというもので、光属性というよりは炎属性のような攻撃である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送るのとドローするのは同時に処理を行いますか?
A:はい、同時に行われる扱いになります。(11/07/28)

Q:《マクロコスモス》等によって、この効果墓地へ送るカード除外された場合、ドローできますか?
A:いいえ、できません。(11/07/18)


Tag: 《No.10 白輝士イルミネーター》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 光属性 戦士族 攻2400 守2400 No.

広告