No.(ナンバーズ)84 ペイン・ゲイナー/Number 84: Pain Gainer》

エクシーズ・効果モンスター
ランク11/闇属性/昆虫族/攻   0/守   0
レベル11モンスター×2
このカードは自分フィールドのX素材を2つ以上持った
ランク8〜10の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの守備力は、自分フィールドのXモンスターのランクの合計×200アップする。
(2):X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に600ダメージを与える。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの守備力以下の守備力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 PREMIUM PACK 18で登場した闇属性昆虫族エクシーズモンスター
 特定の条件を兼ね備えたエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキスト守備力を上げる永続効果相手ダメージを与える永続効果モンスター破壊する起動効果を持つ。

 レベル11のモンスターは数が非常に少ない上に、その殆どが特殊召喚モンスターのため正規のエクシーズ召喚はまず無理である。
 基本的には、エクシーズ素材を2つ以上持ったランク8〜10の闇属性エクシーズモンスターに重ねて出すべきだろう。
 ランク8を得意とする【ギミック・パペット】【ギャラクシー】ランク10を得意とする【列車】ならば出しやすい。
 特に【ギミック・パペット】《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》効果デメリットの関係上、このカードを出す手段と必要が多い。
 ただ、エクシーズ素材2つを持っている必要があるため、エクシーズ召喚したモンスター効果を使わないようにしておく必要がある。

 (1)の効果は自身のランクも含めるため基本守備力は2200であり、(3)の効果と組み合わせることで相手フィールド守備力2200以下のモンスターを一掃できる。
 攻撃力と比べて守備力は軽視されがちなので、この数値でも大抵のモンスター破壊できるが、他にエクシーズモンスターが存在していれば更に除去できる範囲は広がっていく。
 【ギミック・パペット】【ギャラクシー】は専用の蘇生カードもあるためエクシーズモンスターを並べやすいのも利点。
 単体ではにしかならないので、除去してもそのままでは攻撃してもダメージを与えられないが、攻撃力4000を誇る《No.77 ザ・セブン・シンズ》に繋げることでその問題も解決する。

 【ギャラクシー】では《銀河戦士》効果ランク5と8を並べやすく、その場合は守備力3200以下と殆どのモンスター破壊できる。
 ランク5のモンスター《シャーク・フォートレス》にしておけば、このカードから繋げた《No.77 ザ・セブン・シンズ》2回攻撃を付与することで1ターンキルが可能になる。
 ギャラクシーアイズとの組み合わせに比べて守備表示モンスターが複数並んでいる状況でも1ターンキルが可能になっているのが違いである。
 しかし、このコンボを行うにはこのカードの他、闇属性ランク8のエクシーズモンスター2枚を積む必要がある。

 (2)の効果により相手ダメージを与えることもできるが、除去カードを使われる可能性も高く、他にエクシーズモンスターがいなければ戦闘破壊される可能性もある。
 相手ライフが少ない終盤以外では、維持するよりも《No.77 ザ・セブン・シンズ》に変えて攻撃した方が良いだろう。
 ただしモンスター戦闘がメインでない特殊勝利を狙う様なデッキ相手には効果的であり、魔法・罠カードを多用する【エクゾディア】【終焉のカウントダウン】等にとっては厄介なダメージ源になる。

  • イラストでは、腹部の右側に自身のナンバーである「84」が描かれている。
  • 元々は「e・ラー」が八雲に渡した8枚の白紙のNo.の1枚である。
    このカードは上記のデュエル中に、八雲の意志により白紙の状態から開眼して使用されている。
  • カード名を直訳すると「痛みを増幅する者」もしくは「痛みを得る者」となる。
    漫画版のNo.の説明を踏まえると、八雲の心の痛みを凌牙らに与えたいという思いから生まれたと思われる。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

このカードのエクシーズ素材にできるランク8〜10の闇属性エクシーズモンスター

ランク

ランク

ランク10

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《No.84 ペイン・ゲイナー》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク11 闇属性 昆虫族 攻0 守0 No.

広告