PSY(サイ)フレームギア・γ(ガンマ)/PSY-Framegear Gamma》

特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守   0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場した光属性サイキック族特殊召喚モンスターチューナー
 自身と《PSYフレーム・ドライバー》特殊召喚して相手モンスター効果の発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 手札誘発効果モンスターを止められる。
 同じく効果モンスターに対処できる手札誘発モンスター《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》もあるが、このカードフィールド外でも対応し、無効破壊の両方をこなす。
 実質手札コストのない《天罰》と考えてもいいだろう。
 手札から墓地へ送るというコストが無いため、無効にされても破壊されなければ手札に残り、1ターンに1度の制約も無いため、破壊を伴わない無効化であれば食らったところで即座に次のチェーンブロック発動されるモンスター効果へ対応可能。
 この関係で、手札誘発メタとして汎用性が高い《墓穴の指名者》に引っかからず、《灰流うらら》《屋敷わらし》にも実質的に耐性を持っていると言え、比較的妨害としての信頼性は高い。

 ただし、PSYフレームチューナー共通の制約として、自分フィールドモンスターが存在せず、《PSYフレーム・ドライバー》特殊召喚できなければ発動できない。
 そのため、1ターンに複数枚の発動は難しく、《PSYフレーム・ドライバー》という素引きが基本的に邪魔となるカードも採用しなければならないことも含め、手札事故のリスクを高めるカードでもある。
 【PSYフレーム】以外では、上記のリスクを承知の上で、主に後攻における使いきりの防御カードとして見ることになる。

 【PSYフレーム】では《PSYフレーム・ドライバー》エンドフェイズ除外に対してもフォローが必要となる。
 フォローには《PSYフレーム・サーキット》を使うのが基本であるが、詳細は【PSYフレーム】のページを参照。

 通常モンスターである《PSYフレーム・ドライバー》を共有でき、こちらは《PSYフレーム・ドライバー》墓地にいる場合も発動可能という点で、【高等儀式術】とも相性は悪くない。
 ただし、《高等儀式術》を先に使うと儀式召喚したモンスターがいる間はこのカード発動条件に引っかかり、このカードを先に使うと《PSYフレーム・ドライバー》《高等儀式術》のために使うことができなくなるため、両者のシナジーに過度に期待しない方が良いだろう。

関連カード

―《PSYフレームギア・γ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/08/16)

Q:相手フィールドに《PSYフレームギア・γ》と《PSYフレーム・ドライバー》特殊召喚され、《PSYフレームギア・γ》の効果自分発動したモンスター効果無効化されました。
  この時に自分フィールドセットしていた《激流葬》発動することはできますか?
A:《PSYフレームギア・γ》の、自身と《PSYフレーム・ドライバー》特殊召喚する処理と発動無効にし破壊する処理は同時に行われる扱いとなります。
  そのため、《PSYフレームギア・γ》と《PSYフレーム・ドライバー》特殊召喚し、モンスター効果発動無効にして破壊した後、他のカードの処理が続かないのであれば、自分《激流葬》発動することができます。
  例えば、チェーン1にて自分モンスター効果発動し、チェーン2にて相手が《PSYフレームギア・γ》の効果発動した場合、《PSYフレームギア・γ》の効果処理を終えた後、《激流葬》発動することができます。(19/03/11)


Tag: 《PSYフレームギア・γ》 モンスター 特殊召喚モンスター(蘇生制限なし) チューナーモンスター 効果モンスター 星2 光属性 サイキック族 攻1000 守0 PSYフレーム PSYフレームギア ペンデュラム召喚不可

広告