RR(レイド・ラプターズ)−ラスト・ストリクス/Raidraptor - Last Strix》

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
「RR−ラスト・ストリクス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「RR」モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は自分のフィールド・墓地の魔法・罠カードの数×100LP回復する。
(2):このカードをリリースして発動できる。
エクストラデッキから「RR」Xモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
エンドフェイズにエクストラデッキに戻る。
このターン相手が受ける戦闘ダメージは0になる。

 ブースターSP−ウィング・レイダーズ−で登場した闇属性鳥獣族下級モンスター
 RRダメージ計算時に特殊召喚してライフゲインを行う誘発即時効果、自身をリリースしてRRエクシーズモンスター1体を特殊召喚する起動効果を持つ。

 RRの中では異色となるレベル1のため、エクシーズ素材としての活用は望めない。
 フィールドに出して即座に(2)の効果リリースするのが基本となる。
 (1)の効果特殊召喚する場合、相手ターンに出してもそのまま戦闘破壊されやすいためできれば自分ターン特殊召喚したい。

 (2)の効果で全てのRRエクシーズモンスターエクストラデッキから特殊召喚できる。
 ただし、呼び出したRRエクシーズモンスター効果無効になる上、エンドフェイズエクストラデッキに戻るので、更なるエクシーズ素材要員として利用することになる。
 後述の通り幾つかのRUMと相性が良い他、エクシーズモンスターに重ねて出せるエクシーズモンスターを使えば手札RUMがない場合にも腐らせることなく活用できる。
 その中でも《No.77 ザ・セブン・シンズ》攻撃力4000の破壊耐性付きであり、戦闘ダメージを与えられない事を考慮しても緊急にアタッカーがほしい場合には十分な活躍が見込める。
 ミラーマッチ相手《RR−アルティメット・ファルコン》特殊召喚された場合にもこの方法で突破可能になる。

 欠点としてはエクストラデッキを相応に圧迫する点と、効果発動後は戦闘ダメージが与えられなくなる点。
 バーン効果を持つエクシーズモンスターを活用する、先攻ターン目やメインフェイズ2に使用する、封殺効果を持つエクシーズモンスターを呼び出して布陣固めに専念するといった使用法で補いたい。

 相性の良いRUMエクシーズモンスターとしては以下のものが挙げられる。

  1. 《RUM−スキップ・フォース》
    《RR−サテライト・キャノン・ファルコン》を素材に、効果耐性と高打点を併せ持つ《RR−アルティメット・ファルコン》エクシーズ召喚できる。
    相手フィールドモンスターがいなければエンドフェイズに1000ダメージを与えられ、戦闘破壊壊獣等にリリースで処理されても《RUM−スキップ・フォース》の(2)の効果蘇生できる。
    3枚だけで不安なようならば4枚目以降として《RUM−アストラル・フォース》を採用するのも良いだろう。
  2. 《RUM−幻影騎士団ラウンチ》
    特殊召喚したRRエクシーズモンスターエクシーズ素材がない闇属性のため、ランクが1つ上の闇属性エクシーズモンスターを重ねられる。
    このカード墓地《RR−ミミクリー・レイニアス》で、《RUM−幻影騎士団ラウンチ》墓地レベル幻影騎士団効果サーチできるため、墓地肥やしに特化した混合構築も考えられる。
    リターンは大きいが【RR】でもエクシーズ召喚が難しい《RR−アーセナル・ファルコン》も、エクシーズ素材2つを保持した状態で特殊召喚できる。
    《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》は、戦闘ダメージを与えられないので1ターンキルこそできないが、全体除去により大きなアドバンテージを得られる。
    《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》除去能力では劣るものの、バーン効果により戦闘ダメージ不可のデメリットを補いやすい。
    場保ちの良さで言えば、モンスター効果戦闘を封じられる《真竜皇V.F.D.》罠カード永続カードには強い《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》等が候補となる。
    ただし、ある程度特殊召喚先のランクを絞っておかないとエクストラデッキを大幅に圧迫することになる点には気を付けたい。
  3. 《RUM−アージェント・カオス・フォース》
    デュエル中1度しか使えないが、このカードの効果による特殊召喚サルベージトリガーにできるため手札消費を補ってのエクシーズ召喚が可能。
    《CNo.15 ギミック・パペット−シリアルキラー》は高いバーン性能が期待できるためトドメにもなり得る他、闇属性なので上記の《RUM−幻影騎士団ラウンチ》とも併用できる。
    《CX 熱血指導神アルティメットレーナー》ドロー効果を備えており、運が良ければ微弱なバーンデメリットを補いつつ、耐性により返しの相手ターンも生存させやすい。
    《CNo.107 超銀河眼の時空龍》戦闘ダメージを与えられないデメリットと直接相性は良くないが、他のギャラクシーアイズエクシーズモンスターに繋げる事で除去墓地肥やしといったアドバンテージを得ることができる。

 このカードレベル1なので、上記のカードとセットで【金華猫】に採用する構築もある。
 《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》の存在によりRUM自体が【金華猫】とも相性が良いため、このカードが用意できなくても腐りにくいのも利点。
 また、【LL】ではレベル種族のサポートも噛み合い、《スワローズ・ネスト》でのリクルートも可能なので相性が良い。

  • ミミズクのなかには、ワシミミズクの様に絶滅危惧種に指定されている種もいる。
    このカードのラストとは、絶滅間近の最後の種という意味と考えられる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド墓地魔法・罠カードが0枚の時に(1)を発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/11/14)

Q:(2)の効果発動後、他のカードの効果を受けない《毒蛇神ヴェノミナーガ》《RR−アルティメット・ファルコン》戦闘ダメージを与えられますか?
A:相手が受ける戦闘ダメージが0になる効果適用されますので、相手プレイヤー戦闘ダメージは与えられません。(16/01/09)


Tag: 《RR−ラスト・ストリクス》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 鳥獣族 攻100 守100 RR

広告