Sin(シン) トゥルース・ドラゴン/Malefic Truth Dragon》

効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻5000/守5000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に表側表示で存在する「Sin トゥルース・ドラゴン」以外の
「Sin」と名のついたモンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊された場合、
ライフポイントを半分払う事でのみこのカードを手札または墓地から特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。

 Vジャンプ(2010年6月号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 Sinの1体であり、Sin特有のデメリットに加え、Sin破壊された時に自身を特殊召喚から特殊召喚する手札誘発の絡む誘発効果相手モンスター戦闘破壊した時に相手表側表示モンスターをすべて破壊する誘発効果を持つ。

 召喚条件として、同名カード以外のSinモンスター破壊された時に、ライフポイントを半分払う事で手札墓地から特殊召喚できる効果を持つ。
 他のSinモンスター自体は出しやすいため、Sin破壊された時このカード手札墓地にさえあれば特殊召喚できるので、召喚条件は満たしやすい。
 召喚条件となるSinモンスターとしてはデッキを選ばない《Sin スターダスト・ドラゴン》《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》とは相性が良い。

 また、チェーン2以降でSinモンスター破壊されたときも、チェーン処理後に新たにチェーンを組むことでタイミングを逃すことなく特殊召喚できる裁定になっている。
 これは《古代の機械究極巨人》と同様に「場合の任意効果タイミングを逃すを参照)」だからである。
 ゆえに、自分フィールド魔法の張り替えによって、Sin自壊してしまうがこれによっても発動条件を満たし、この一連の処理が終わった後このカードの特殊召喚効果発動できる。

 特殊召喚するためのライフコストは半分と非常に大きいが、逆に言えばどれだけ低いライフ状態でも出せるという利点がある。
 またこのコスト《巨大化》等のカードとは相性抜群であり、装備させれば1ターンキルも可能な攻撃力10000に達する。
 フィールド魔法がないと自壊するデメリットはあるが、他のSinモンスターと違い、他のモンスター攻撃することができる。

 攻撃力守備力は元々の数値としては最高値の5000であり、ほとんどのモンスター戦闘破壊できる上に《月の書》《収縮》にも強い。
 また、相手モンスター戦闘破壊すれば、他の相手表側表示モンスターを全滅できる追加効果がある。
 この効果ダメージステップ時に発動する効果のため、《我が身を盾に》等は発動不可能という利点もある。
 さらに、リクルーターと同じダメージステップ終了時に発動し、リクルーター戦闘破壊した場合、一部例外を除いて「このカードリクルーター効果」とチェーンが組まれる。
 つまり、リクルーター効果を処理してからこのカードの効果を処理するため、リクルートされたモンスターも問答無用で破壊できるのである。
 以上のことから、【Sin】やその派生においては、無比の切り札として活躍できるだろう。

 ただし、このカード自身は耐性等は特にないので、除去カードには注意するべきである。
 とはいえ、墓地からも特殊召喚できるので、一度破壊されてもまたSinを出し、破壊する事で蘇生できる。
 《おろかな埋葬》《終末の騎士》等で直接墓地へ送っても、Sin破壊されれば自身の効果墓地から特殊召喚可能である。
 Sinモンスターがいる限り何度でも復活できるので、場持ちはそこまで悪くないと言える。
 バウンスにもそこまで弱くはないが、除外には注意が必要。

 また、【サイバー・ダーク】では《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》攻撃力を大幅に強化するための装備カードとして採用できる。
 《ハウンド・ドラゴン》や3種のサイバー・ダークと共に《終末の騎士》効果墓地へ送ることができるため、実現は比較的容易である。
 また、《ブラック・ガーデン》採用型では他のSinモンスター達と共に戦闘でも活躍できる。

  1. フィールド魔法を上書きし、今のフィールド魔法破壊される。
  2. フィールド魔法が存在しなくなったことでSin自壊する。
  3. 新しいフィールド魔法発動される。
  4. Sin破壊されたことで、このカード召喚条件を満たせる。

という手順を踏む事で、能動的に特殊召喚できるようになる。
また、フィールド魔法が存在しない時にSinを出して自壊させ、このカード特殊召喚する誘発効果チェーンをして《スキルドレイン》発動すれば、このカード特殊召喚された時には自身の自壊効果無効になるため、フィールド魔法なしでこのカードフィールド上に残す事ができる。
ただし、この場合は全体除去効果はなくなるので注意。

  • 「トゥルース(Truth)」とは「真実」「真理」という意味である。
    封入されていた袋には「矛盾を超えし竜が真実の姿を見せる!!」「その身に受けし罪が全てを抹消する――」とあるが、これは映画での活躍内容に因んでいる。
  • 劇中では、《Sin Paradigm Shift》により生み出された異空間からこのモンスターが現れ、プレイヤーと一体化した。
    これにちなんでか、パラドックスはこのカードを「我が身」と呼んでいた。
    また、効果発動の際、このモンスターの周囲に無数の黒い針が出現し、それが相手へと一斉に射出される演出がなされた。
  • 劇中では《Sin パラドクス・ドラゴン》の進化系であり、デザインにも共通点が見受けられる。
    「矛盾(Paradox)」とされたことが時間の流れによる「思想の変化(パラダイムシフト/Paradigm Shift)」によって「真実(Truth)」になったということだろうか。
    劇中でもパラドックスが「一見正しいように見えた今の攻撃、だがそれは、大いなる間違い」と発言しながら《Sin Paradigm Shift》を発動している。
    罠カード《Sin Paradigm Shift》のイラストでは、《Sin パラドクス・ドラゴン》と共に描かれているのが確認できる。
    また、シンクロ召喚が破滅を導いた未来が、遊星の活躍によって破滅ではない未来となる事への暗示とも取れる。
  • 映画公開に先立ち、アニメ5D'sの番組開始時に映画オリジナルモンスターイラストが1体ずつ明らかにされた時、このカードは公開されなかった。
  • 英語版によると、十代が見た中で最も巨大なモンスターらしい。
  • 未来世界の生き残り4人組の切り札の内、このカードだけ攻撃力守備力が4000ではなく、5000である。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE5およびWORLD CHAMPIONSHIP2011に収録されているこのカードイラストはOCGと異なっている。
    ゲーム内でのイラストは全体的に引き気味で、《Sin トゥルース・ドラゴン》本体が小さくなっており、翼も端の部分が見えるようになっている。
    また、首の角度がOCGのものよりも下になっているなど、他にも細かい違いがある。
    ゲームでのイラストは、背景を除けば映画版でのイラストと近い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

―共通効果に関してはSinを参照。

Q:効果分類は何ですか?
A:1体しか存在できないのは分類のない効果
  フィールド魔法が存在しない時に自身を破壊するのは永続効果
  モンスター破壊する効果誘発効果になります。(10/04/21)

Q:自身を特殊召喚する効果誘発効果ですか?
  チェーンブロックが作られますか?
  また、ライフポイントを半分払うのはコストになりますか?
A:はい、誘発効果で、チェーンブロックが作られ、ライフポイントを半分払うのはコストになります。(10/04/22)

Q:「フィールド上に1体しか表側表示で存在できない」というのは召喚自体はできるが、破壊されるのですか?それとも召喚する行為自体が不可能ですか?
A:召喚自体できません。(10/04/24)

Q:正規手順でのみ特殊召喚できますか?
A:はい、自身の誘発効果以外では特殊召喚できない特殊召喚モンスターとなります。他のカード効果特殊召喚はできません。(10/04/22)

Q:フィールド魔法がなく、このカード自壊する時にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(10/04/21)

Q:正規の方法で特殊召喚せずに墓地へ送られた場合でも、このカードを自身の効果墓地から特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(10/04/21)

Q:ダメージステップ時に効果破壊された場合も、このカード特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(10/04/21)

Q:裏側表示になっている状態のSinと名のついたモンスターカードの効果裏側表示のまま破壊された場合、特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(10/05/02)

Q:Sinと名のついたモンスターが、《神の宣告》等で召喚無効にされ破壊された場合、このカード特殊召喚できますか?
A:いいえ、フィールド上で破壊された扱いではないのでできません。(10/04/21)

Q:Sinと名のついたモンスターとなった《ファントム・オブ・カオス》破壊された場合、このカード特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(10/04/21)

Q:Sinと名のついたモンスター《ヒーロー・マスク》効果で別のカード名になっている状態で破壊された場合、このカード特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/03/10)

Q:このカードの最後の破壊効果に対して、《我が身を盾に》発動できますか?
A:いいえ、ダメージステップ中に発動する効果ですのでできません。(10/04/21)

Q:このカードの最後の破壊効果発動するタイミングは、《キラー・トマト》と同じですか?
A:はい、《キラー・トマト》と同じダメージステップ終了時に発動します。(10/04/22)

Q:このカードの最後の破壊効果は、相打ち発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(14/04/03)

Q:装備カードとなっているSinと名の付いたモンスターカード効果によって破壊された場合、手札または墓地に存在するこのカード特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(10/04/22)

Q:破壊した後に何らかの処理が入った場合やチェーン2以降の処理で破壊された場合、特殊召喚するタイミングを逃しますか?
A:いいえ、その場合もその効果処理が終了後に新たにこのカード効果発動して特殊召喚する事ができます。(10/04/23)

Q:フィールド魔法がなく、Sinと名のついたモンスター自壊した場合もこのカードは特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(10/04/29)

Q:このカード手札に2枚ある時に破壊された場合、チェーンを組んで2体とも出すことが可能ですか?
A:いいえ、不可能です。1体のみ特殊召喚できます。(10/04/26)

Q:このカード手札墓地に1体ずつ存在する時に破壊された場合、チェーンを組んで2枚とも出すことが可能ですか?
A:いいえ、不可能です。手札墓地のこのカードをどちらか1体のみ特殊召喚できます。(11/03/12)

Q:特殊召喚する効果に対し、《天罰》発動できますか?
A:チェーンブロックが作られるので発動する事ができます。(10/05/24)

Q:《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》《王家の眠る谷−ネクロバレー》発動されている時、墓地から特殊召喚できますか?
A:前者の場合は墓地から特殊召喚できませんが、後者はできます。(10/05/24)

Q:手札からこのカード特殊召喚する効果発動しそれにチェーンをして《マインドクラッシュ》等の効果でこのカード墓地へ送られた場合、効果解決時墓地から特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚されません。(11/02/26)

Q:トークン戦闘破壊した場合、最後の効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/07/17)

Q:《スキルドレイン》が存在してる時に、このカード《Sin パラレルギア》が存在しています。
  この状態で全体除去された場合、破壊されたこのカード自身を特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(12/03/15)

Q:裏側守備表示Sin戦闘表側表示になって、戦闘破壊された場合、このカード特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(10/03/09)

Q:Sin破壊され墓地へ送られた時に、チェーン《道連れ》チェーン2《Sin トゥルース・ドラゴン》、とチェーンを組むことができますか?
A:このカード墓地に存在する場合は、必ずこのカードチェーン1となり、相手チェーンを確認した後に《道連れ》チェーン発動できます。
  このカード手札に存在する場合は、どちらをチェーン1にしても構いません。
  相手チェーンを確認した後に、残ったカードチェーン発動できます。(13/02/10)

広告