The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)/The Suppression Pluto》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2600/守2000
(1):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
相手の手札を全て確認し、その中に宣言したカードがあった場合、
以下の効果から1つを選んで適用する。
●相手フィールドのモンスター1体を選んでコントロールを得る。
●相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。
その後、破壊したその魔法・罠カードを自分フィールドにセットできる。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 カード名宣言し、相手手札にそのカードがあった場合、モンスターコントロール奪取魔法・罠カード破壊して奪う起動効果を持つ。

 相手手札確認し、宣言したカードが存在する場合に効果適用され、相手に依存する面が大きい。
 このカード自身は最上級モンスターであるため重くフィールドに出すには《悪魔の憑代》等のサポートカードも必要となる。
 とはいえアドバンス召喚にこだわる必要はなく、蘇生など闇属性ならではの強みを活かして出しても良い。
 サーチサルベージを用いるデッキは非常に多いため、相手手札に加えながら使用せず残るカードを覚えておくのはさほど難しいことではない。
 能動的に使う場合、《魔導契約の扉》ならば相手カードも分かる上、このカードサーチできるため相性は良い。
 相手手札確認できるようにしつつ、アドバンテージを稼ぐ手としては《天変地異》《デーモンの宣告》コンボも考えられる。
 《ドン・サウザンドの契約》も相性が良く、ドローさせるカードと併用して手札を確実に当てに行け、通常召喚制限を回避するためにセットされた魔法カードを奪える。
 宣言を外してもデメリットは何もないため、最上級モンスターを出す手間には見合わないがピーピング目的で効果を使用することもできる。
 他にも相手カードバウンスした上でそのカード名宣言するという手も考えられる。
 次のターンまで維持したり、2体目のこのカードを出せれば効果も活かすことは可能。

 宣言が当たった場合、相手モンスターまたは魔法・罠カードコントロール奪取することができる。
 表示形式等の制限は一切なく、デメリットもないため、幅広い活用が可能。
 また、魔法・罠カードを奪う場合は一度破壊を経由する必要があるが、その後墓地を経由する必要はなく、《マクロコスモス》等で除外してもセットできる。
 こちらは破壊セットともにフィールドとしか指定されていないため、魔法カード扱いのペンデュラムゾーンカード破壊することができるが、セットはできない。
 手札確認する処理後に2つの効果のいずれかを選択する性質上、対象の選択も破壊の有無も効果処理時となり、対象耐性も無視できる。

  • 「suppression」は英語で「弾圧」や「鎮圧」「抑制」を意味する。
    「PLUTO」はローマ神話における冥府の神の名だが、この場合は準惑星である冥王星のことである。
    漫画開始当時は惑星と分類されていたが、太陽系の他の惑星と比べ大きさや質量、それに伴う重力が小さすぎるなどの理由から、2006年に新設された「準惑星」に格下げされてしまった。
    このため、プラネットシリーズでは例外である《The supremacy SUN》を除けばこのカードだけ結果的に惑星でなくなってしまった。
  • 攻撃名は直訳すると、「3つの衛星」となる。
    漫画GX連載当時、冥王星にはカロン、ニクス、ヒドラの3つの衛星が確認されていた。
    その後ケルベロスとステュクスが発見され、このカードOCG化された時点では5つの衛星が確認されている。
    • 因みに、小惑星番号を持つ天体としては唯一衛星を3つ以上持つ天体である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果相手《不運の爆弾》破壊自分フィールドセットした場合、《不運の爆弾》効果発動しますか?
A:いいえ、しません。(16/06/27)


Tag: 《The suppression PLUTO》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻2600 守2000

広告