X・HERO(エクストラヒーロー) クロスガイ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「D−HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの「D−HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとカード名が異なる「HERO」モンスター1体をデッキから手札に加える。

 DARK NEOSTORMで登場した闇属性戦士族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にD−HERO1体を蘇生できる誘発効果D−HERO1体をリリースしてカード名が異なるHERO1体をサーチできる起動効果を持つ。

 どちらの効果D−HERO絡みであり、【D−HERO】で使用される事になる。
 リンク素材戦士族2体と緩めなので、D−HERO以外のHEROを始めとする相性の良い戦士族リンク素材にする事が可能。

 ただし、効果を使用するターンHERO以外のモンスター特殊召喚できなくなるデメリットがある。
 このため、HERO以外の戦士族を素材にするのは難しい。
 D−HEROであれば《D−HERO ドリルガイ》《D−HERO ディアボリックガイ》、それ以外のHEROなら《E・HERO バブルマン》などを活用したい。
 《Dragoon D−END》も出せなくなるため、(2)の効果融合素材サーチしても融合召喚できるのは次のターン以降となるので注意。

 (1)はD−HERO蘇生
 リンク素材D−HEROを使っていれば即座に蘇生できる。
 《デステニー・ドロー》などで先んじて墓地においてもいい。
 効果も使えるため、状況次第ではさらなるアドバンテージとなる。
 《D−HERO ディスクガイ》蘇生させれば2枚ドローできるが、あちらは墓地へ送られたターンには蘇生できないため、前のターンまでにあらかじめ墓地へ送っておく必要がある。

 (2)はD−HEROリリースしてHEROサーチする効果
 (1)で蘇生したモンスターリリースは確保できる。
 変わったところでは、(1)で《D−HERO ディストピアガイ》蘇生した後に《D−HERO ダイナマイトガイ》サーチすることで2600の効果ダメージが狙える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《X・HERO クロスガイ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 戦士族 攻1600 HERO

広告