X・HERO(エクストラヒーロー) ヘル・デバイサー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1700
【リンクマーカー:左下/下】
「HERO」モンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
EXデッキの「HERO」融合モンスター1体を相手に見せ、
そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスターを2体までデッキから手札に加える(同名カードは1枚まで)。
この効果を発動するターン、自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードのリンク先の悪魔族モンスターの攻撃力・守備力はそのレベル×100アップする。

 LINK VRAINS PACK 3で登場した闇属性悪魔族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に、HERO融合モンスターカード名が記された融合素材を2体までサーチする誘発効果、自身のリンク先悪魔族強化する永続効果を持つ。

 (1)はHERO融合モンスターカード名を指定する融合素材を2体までサーチする効果
 HERO専用の《融合徴兵》と呼べる効果だが、2枚一気にサーチできるため、融合召喚の準備が整いやすい。
 また、2枚までなので、《E・HERO ネオス・ナイト》のように1枚しか指定していないものにも対応し、わざと1枚しかサーチしないということも可能。

 使用するには融合素材を指定するHERO融合モンスターが必要(対応するものは下記の一覧を参照)。
 サーチする融合素材HEROではなくとも良く、《ユベル》も対応する。
 ただ、対応する融合モンスターの多くは現環境では力不足であり、他の融合モンスター融合召喚を狙うにしてもエクストラデッキの枠を使ってしまう。
 同様に、サーチできる融合素材融合素材にする以外の役割が少なく、比率には注意が必要だろう。
 《E・HERO サンライザー》なら効果《ミラクル・フュージョン》サーチできるため、このカードリンク先を活かした連続融合召喚へつなげられる。

 効果発動するターンHEROモンスターしか特殊召喚できない誓約効果があるものの、《V・HERO ファリス》を起点とすればリンク召喚は容易に行え、《融合》サーチできる。
 《ヒーローアライブ》《E・HERO エアーマン》リクルートして《E・HERO ブレイズマン》サーチして召喚することでもリンク素材《融合》が揃う。
 《V・HERO ヴァイオン》《D−HERO ディアボリックガイ》墓地に落とすだけでもリンク素材が揃い、他にHERO墓地にあれば《融合》まで揃う。

 HEROではない《ユベル》モンスターサーチした場合に、この誓約効果によりこのターン特殊召喚は行えない点には気をつけたい。

 (2)は悪魔族モンスター攻撃力守備力強化する効果
 上昇効率はレベル×100と高いとはいえないが、全て上級最上級モンスターであるE−HERO融合モンスターにはそこそこの強化値となる。
 また、【E−HERO】フィールド魔法である《覇王城》強化効果を持つので、重ねればかなりの強化量となり、戦闘で大きく優位に立てるだろう。
 特に戦闘に関する効果を持つ《E−HERO インフェルノ・ウィング》攻撃力以下のモンスター破壊できる《E−HERO マリシャス・ベイン》とは相性が良い。
 《E−HERO ダーク・ガイア》についても、(1)により《N・グラン・モール》サーチでき、攻撃力は心もとないが展開そのものは行いやすくなる。
 レベルを持つ悪魔族であれば強化を受けられるが、(1)の誓約効果を考慮するとほぼE−HEROモンスター専用の効果である。

関連カード

このカードサーチできるモンスター公開する融合モンスター

通常モンスター

サーチできるモンスター融合モンスター備考
《E・HERO クレイマン》《E−HERO ヘル・スナイパー》
《E−HERO ライトニング・ゴーレム》
《E・HERO エリクシーラー》
《E・HERO サンダー・ジャイアント》
《E・HERO マッドボールマン》
《E・HERO ランパートガンナー》
《E・HERO スパークマン》《E−HERO ライトニング・ゴーレム》
《E・HERO サンダー・ジャイアント》
《E・HERO シャイニング・フェニックスガイ》
《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》
《E・HERO ダーク・ブライトマン》
《E・HERO テンペスター》
《E・HERO プラズマヴァイスマン》
《E・HERO ネオス》《E・HERO アクア・ネオス》
《E・HERO エアー・ネオス》
《E・HERO カオス・ネオス》
《E・HERO グラン・ネオス》
《E・HERO グロー・ネオス》
《E・HERO コスモ・ネオス》
《E・HERO ストーム・ネオス》
《E・HERO ネオス・クルーガー》
《E・HERO ネオス・ナイト》
《E・HERO ネビュラ・ネオス》
《E・HERO ブラック・ネオス》
《E・HERO フレア・ネオス》
《E・HERO ブレイヴ・ネオス》
《E・HERO マグマ・ネオス》
《E・HERO マリン・ネオス》
《レインボー・ネオス》
《E・HERO バーストレディ》《E−HERO インフェルノ・ウィング》
《E−HERO ヘル・スナイパー》
《E・HERO エリクシーラー》
《E・HERO スチーム・ヒーラー》
《E・HERO フェニックスガイ》
《E・HERO フレイム・ウィングマン》
《E・HERO ランパートガンナー》
《E・HERO フェザーマン》《E−HERO インフェルノ・ウィング》
《E−HERO ワイルド・サイクロン》
《E・HERO エリクシーラー》
《E・HERO セイラーマン》
《E・HERO テンペスター》
《E・HERO フェニックスガイ》
《E・HERO フレイム・ウィングマン》
《E・HERO ワイルド・ウィングマン》

効果モンスター

サーチできるモンスター融合モンスター備考
《E−HERO マリシャス・エッジ》《E−HERO マリシャス・デビル》
《E・HERO エッジマン》《E・HERO プラズマヴァイスマン》
《E・HERO ワイルドジャギーマン》
《E・HERO オーシャン》《E・HERO ジ・アース》
《E・HERO ザ・ヒート》《E・HERO フレイム・ブラスト》
《E・HERO ネクロダークマン》《E・HERO ダーク・ブライトマン》
《E・HERO ネクロイド・シャーマン》
《E・HERO バブルマン》《E・HERO エリクシーラー》
《E・HERO スチーム・ヒーラー》
《E・HERO セイラーマン》
《E・HERO テンペスター》
《E・HERO マッドボールマン》
《E・HERO フォレストマン》《E・HERO ジ・アース》
《E・HERO レディ・オブ・ファイア》《E・HERO フレイム・ブラスト》
《E・HERO ワイルドマン》《E−HERO ワイルド・サイクロン》
《E・HERO ネクロイド・シャーマン》
《E・HERO ワイルド・ウィングマン》
《E・HERO ワイルドジャギーマン》
《N・アクア・ドルフィン》《E・HERO アクア・ネオス》
《E・HERO ストーム・ネオス》
《N・エア・ハミングバード》《E・HERO エアー・ネオス》
《E・HERO ストーム・ネオス》
《N・グラン・モール》《E・HERO グラン・ネオス》
《E・HERO ネビュラ・ネオス》
《E・HERO マグマ・ネオス》
《N・グロー・モス》《E・HERO カオス・ネオス》
《E・HERO グロー・ネオス》
《N・ブラック・パンサー》《E・HERO カオス・ネオス》
《E・HERO ネビュラ・ネオス》
《E・HERO ブラック・ネオス》
《N・フレア・スカラベ》《E・HERO フレア・ネオス》
《E・HERO マグマ・ネオス》
《ユベル》《E・HERO ネオス・クルーガー》

収録パック等


Tag: 《X・HERO ヘル・デバイサー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 悪魔族 攻1700 HERO

広告