《おジャマ・ナイト/Ojama Knight》

融合・効果モンスター
星5/光属性/獣族/攻   0/守2500
「おジャマ」と名のついたモンスター×2
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
使用していない相手のモンスターカードゾーンを
2ヵ所まで指定して使用不可能にする。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した光属性獣族融合モンスター
 《おジャマ・キング》下位種で、相手モンスターカードゾーン2ヵ所を使用不能にする永続効果を持つ。

 融合素材となるモンスターおジャマと名が付けば何でも構わず、《おジャマ・イエロー》2体等、同名カード同士でも良い。
 《おジャマ・ブルー》《おジャマ・レッド》などは勿論、《おジャマトリオ》《おジャマデュオ》から生成されるおジャマトークン融合素材にできる。
 もっとも、おジャマトークンの場合は基本的に相手フィールド特殊召喚されるので、融合素材にするには《超融合》を使用する必要がある。
 また、《マジカルシルクハット》によってモンスター扱いとなった《おジャマジック》も、《超融合》を使用する事で融合召喚できる。
 一方、特殊な融合素材の書き方から《融合呪印生物−光》起動効果では特殊召喚できない。

 モンスターカードゾーンを封鎖する効果を持つが、2ヵ所では相手の行動を抑制しきれないことも多い。
 基本的には、自分が使っていない側のエクストラモンスターゾーンの後ろにある3ヶ所のうち、現環境で主流となっているリンクモンスターを考えリンク先となりやすい2ヶ所を封鎖。
 既に相手モンスターを展開している場合は、リンク先になっている箇所やモンスターゾーンの真ん中に近い場所を優先して封鎖することになるだろう。

 しかし、このステータスでは維持もそこまで容易ではなく、残りのモンスターゾーンを使って対処されてしまいやすい。
 《地盤沈下》上位種《おジャマ・キング》など、他の封鎖系カードと組み合わせることで真価を発揮させたい。
 として使うだけではやや頼りないので、《おジャマ・カントリー》アタッカーとしても活躍させたいところである。

 《簡易融合》特殊召喚できる光属性レベルモンスターの1体でもある。
 同じくレベル5・光属性融合モンスターには《魔導騎士ギルティア》《音楽家の帝王》《重装機甲 パンツァードラゴン》が存在する。
 この中で同じく《奈落の落とし穴》にかからない、《重装機甲 パンツァードラゴン》はそのままでも有用な効果を持っており、ステータスもあちらの方が高い。
 こちらは《デブリ・ドラゴン》には対応するが、そのままではシンクロ召喚できないため、活かせる状況は限られる。
 汎用性はあちらの方が高いため、こちらはおジャマ獣族サポートを使うデッキに採用することになるだろう。
 また、どちらも《連鎖除外》を受けるというデメリットはある。

  • 融合の際、アニメ内において兄弟設定であった2体が「おジャマ・クロス」と叫びながら合体する様は漫画・特撮作品『超人バロム・1』を髣髴とさせる。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 1では万丈目が「おジャマしナイト」という名のデッキを使っている。
    当時、アニメオリジナルだったこのカードを意識したのだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《突然変異》特殊召喚できますか?
A:できます。(07/05/12)

Q:融合素材代用モンスターを使った融合召喚はできますか?
A:できません。(07/05/12)

Q:《融合呪印生物−光》起動効果特殊召喚できますか?
A:できません。(07/05/17)

Q:おジャマトークン融合素材に使用できますか?
A:できます。(13/10/02)

Q:効果対象に使用されていないエクストラモンスターゾーンを指定できますか?
A:使用されていないエクストラモンスターゾーン相手のものではないため、指定できません。(17/03/25)


Tag: 《おジャマ・ナイト》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星5 光属性 獣族 攻0 守2500 おジャマ

広告