《くず(てつ)のかかし/Scrap-Iron Scarecrow》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に、
その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃を無効にする。
発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。

 STARTER DECK(2008)で登場した通常罠
 相手モンスター攻撃無効にし、その後自身を再びセットする一連の効果を持つ。

 罠カードセットされたターン発動できないため、その後発動できるのは次の相手ターン以降となる。
 1ターンに1度だけ攻撃無効にできると考えればわかりやすい。
 《攻撃の無力化》等の一般的な攻撃無効罠カードと違い、何度も使用できるのが最大の特徴である。

 現環境では戦闘ダメージを与えて勝利するデッキが多く、攻撃無効にする効果は戦況をコントロールしやすい。
 単純に攻撃を防御できるのはもちろん、《時械神メタイオン》等の戦闘を介して効果発動するモンスターには特に有効である。

 デメリットがなく何度も使用できる防御カードではあるが、このカード単体ではカード・アドバンテージを得る事はできない。
 相手モンスター1体の攻撃を阻んだとしても、そのモンスターは健在であり、モンスターを複数並べられると、簡単に突破される。
 そのため、通常のビートダウンにおいては、攻撃無効にするカードより、モンスター除去も兼ねる《神風のバリア −エア・フォース−》等の方が優先されやすい。
 もちろん、他の攻撃反応型罠カード同様に、《魔導戦士 ブレイカー》等で攻撃される前に除去される事や、【デッキ破壊】等の攻撃をしてこない相手には無力である。

 単なる防御カードとしてではなく、自分モンスターを複数ターンに渡り守るカードとして使いたい。
 サイクル・リバースモンスターステータスが低いモンスターが多く、繰り返し攻撃から守りつつリバースしてアドバンテージを得る事ができる。
 また、《スチームロイド》等の相手モンスターからの攻撃に弱いカードや、《アックス・ドラゴニュート》等のデメリットアタッカーとも相性が良い。
 《ワーム・イリダン》とも相性が良く、毎ターン相手攻撃から身を守りつつ、ワームカウンターを貯める事ができる。

 他にも、「相手モンスター除去してアドバンテージを得るカード」「目減りしない除去を行うカード」とも非常に相性が良い。
 《スカラベの大群》《ブレイズ・キャノン》といったカードの標的をフィールドに残し、永続ロックカードほどにはこちらの攻撃も阻害しない。
 《カイザーコロシアム》のような相手の大量展開を阻害するカードと組み合わせる手も考えられる。

 変わったところで言えば、「カードセットする」という点を活かして《アルティマヤ・ツィオルキン》とのコンボが考えられる。
 このカードで防御しつつあちらの効果シンクロモンスター特殊召喚する事で同時に展開も行える。
 ただし1度このカードの存在が明らかになると相手除去するまで攻撃してこない事が多く、実際にモンスターを大量展開できる手段にはなりにくい。
 逆に言えば本来の性能以上の防御力を発揮してくれるという事になるので、守りとしては心強い事この上ない。

  • 「かかし(案山子)」とは、田畑に立てて動物を追い払う人形のことである。
    また、元々は獣肉や毛髪を焼いて串に刺して立て、その悪臭で動物を追い払うものであった。
    攻撃無効にする効果は、動物を追い払うという役割から来ているのだろう。
  • 海外版のイラストでは、足元が二つに分かれている。
    アニメでもこの点を配慮して変更されているが、こちらは横長の棒が短くなっている。
  • アニメでは発動した際にかかしがイラストから飛び出る演出があり、その際の背景は海外版のアニメイラストに流用されている。
  • 「vsアンチノミー」戦においてアンチノミーが使用した罠カード《マグネティック・ストーム》、漫画5D's特別編において遊星が使用した魔法カード《くず鉄の溶接》のイラストに描かれている。
  • アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンにおいて、墓地に行かずフィールドに残る点を龍可に「他にこんなカードない」と言われている。
    類似効果はアニメでは上述したくず鉄シリーズが持っていたが、OCGでは6年後に《くず鉄の像》が登場するまで存在しなかった。
  • 龍亞には「守りのエースカード」、Z-ONEには「守りの要」と評されるなど、長年遊星を支えてきたこのカードに相応しい評価を受けている。

関連カード

発動後に再セットされる罠カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《王宮のお触れ》適用中に発動した場合、このカードセットされずに墓地に送られますか?
A:セットできず、墓地に送られます。(08/03/15)

Q:相手フィールド上に《ダーク・シムルグ》が存在する時にこのカード発動したらどうなりますか?
A:「攻撃無効効果は有効ですが、セットできないため墓地に送られます。(08/03/15)

Q:セットするのは、どの時点ですか?
A:《くず鉄のかかし》自身のチェーンブロック内で、セットします。(11/04/20)

Q:相手攻撃宣言に《くず鉄のかかし》を発動したところ、相手チェーンされ効果解決時には対象がいなくなりました。
  この場合、《くず鉄のかかし》のそのままセットする効果は処理しますか?
A:《くず鉄のかかし》の効果無効にされたわけではないので《くず鉄のかかし》はセットされます。(08/07/03)

Q:攻撃無効にする処理とセットする処理は同時に行われる扱いですか?
A:いいえ、攻撃無効にした後にこのカードセットする処理を行うので同時ではありません。(11/04/22)

Q:チェーンして、このカード対象《鳳翼の爆風》発動した場合どのような処理になりますか?
  (通常、発動済みの通常罠デッキに戻らないが、このカードフィールドに残るので)
  また、チェーンの順番が逆の場合はどうなりますか?
A:チェーン1で発動したこのカード対象《鳳翼の爆風》発動することはできません。(14/04/27)

Q:相手のこのカードの発動《サイクロン》チェーンし、このカード破壊しました。
  自分《反発力》発動できますか?(『そのままセットする』処理が行われた扱いになりますか)?
A:発動できません。(17/06/19)


Tag: 《くず鉄のかかし》 通常罠

広告