《ものマネ幻想師(げんそうし)/Copycat》

効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守   0
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
このカードの攻撃力・守備力は、
選択したモンスターの元々の攻撃力・守備力と同じ数値になる。

 LIMITED EDITION 3で登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、相手モンスターステータスをコピーする強制発動誘発効果を持つ。

 どんなに攻撃力の高いモンスターに対しても、相打ちが望める。
 相打ちでも1:1交換であり損はしていないが、それなら《地砕き》などの使いやすい単体除去が存在しているので、このカードを使うなら相打ち以上を狙うために強化を狙っていきたい。
 《オネスト》に対応しており、《ニトロユニット》《光学迷彩アーマー》とのコンボでは大ダメージを狙える。
 また、【ヒュグロビート】ではアタッカーとしての活躍も見込める。
 《ワンショット・ワンド》《ワンダー・ワンド》を利用するのも良い。
 高い攻撃力をコピーして相手を倒せた場合、今度はこちらに高い攻撃力が居座るというのが魅力である。
 《強者の苦痛》《一族の結束》などの永続カードともとても相性が良い。
 他の方法としては、ほとんどのモンスター守備力攻撃力より低いので、《エネミーコントローラー》を使えば一方的に戦闘破壊できる。

 攻守0、レベル1とサポートにも優れる。
 《シャインエンジェル》《ダメージ・コンデンサー》等でリクルートでき、この時にも問題なく誘発効果発動する。
 《金華猫》《ワン・フォー・ワン》《リミット・リバース》などの限定蘇生に加え、《魔導書院ラメイソン》でも特殊召喚できる。

 弱点は、攻撃力の上昇値が相手に依存している事だろう。
 相手ががら空きの時に召喚して直接攻撃ダメージを稼ぐ事ができないため、どうしても攻めより返し専用で受け身になってしまう。
 相手モンスターを展開しない【ドローゴー】【ロックバーン】であれば、こちらも低ステータスモンスターで終わる可能性が高い。
 《カードガンナー》など攻撃力が低い相手にもこのカードを活かしづらい。
 加えて、《ガチガチガンテツ》をはじめ、攻撃力より守備力が高い相手にも攻める事ができない。
 元々の攻撃力(守備力)をコピーするので、相手フィールド《偉大魔獣 ガーゼット》のように数値が「0」や「?」のモンスターしかいないと攻撃力0のモンスターにしかならないのも痛い。

 せっかく瞬時に攻撃力を確保できるカードなのだが、元々のステータスをコピーするため強化されたモンスターを対象にすると、力負けしてしまう。
 《ヒュグロの魔導書》があっても、《お注射天使リリー》《トラゴエディア》など大きく攻撃力をアップしてくる相手には敵わない。
 強化を多用する【墓守】【ハーピィ】等が相手の場合にも注意したい。

  • エキスパート2006では、チャレンジを95%以上クリアすると出現する隠しキャラクター。
    続くWORLD CHAMPIONSHIP 20072008でも同様の役割で登場している。
    自分の作ったデッキの中から一つ選び、それと対戦できるという過去の作品にはなかった画期的な相手である。
    自分が作ったデッキのチェックができるのはもちろんだが、2008では39枚以下(もちろん1枚でも2枚でも)のデッキをレシピに乗せてそのデッキを選べば相手の不戦敗となり、DPも稼げる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる効果ですか?
A:はい。対象をとる効果です。

Q:相手モンスターから得た攻撃力守備力は元々の数値として扱いますか?
A:いいえ、元々の数値としては扱いません。

Q:コピー後に《収縮》《巨大化》効果を受けた場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は0になります。→元々の攻撃力(守備力)参照。

Q:自分墓地に存在するモンスター魔法使い族のみで、自分フィールド《一族の結束》表側表示で存在している時に、《ものマネ幻想師》を召喚効果発動しました。
  この場合、《一族の結束》効果が適用されたのちに《ものマネ幻想師》の誘発効果発動しますが、《ものマネ幻想師》の攻撃力はどうなりますか?
A:このカードの効果で変化した攻撃力のままとなります。
  《一族の結束》効果攻撃力はアップしません。(17/02/18)


Tag: 《ものマネ幻想師》 モンスター 効果モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻0 守0

広告