《やぶ(へび)/Waking the Dragon》

通常罠
(1):セットされているこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
デッキ・EXデッキからモンスター1体を特殊召喚する。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した通常罠
 セットされているこのカード相手によって墓地へ送られる除外された場合にデッキエクストラデッキから任意のモンスター特殊召喚する効果を持つ。

 デッキエクストラデッキから任意のモンスター特殊召喚できるという大胆な効果を持つが、発動条件は完全に相手依存の地雷である。
 とはいえ、伏せ除去の多い現環境では適当に伏せるだけでも発動できる事も多い。
 アーティファクトなどとは違い除外に対応しているのもメリットで、《コズミック・サイクロン》などで除外された場合も発動できる。
 攻撃反応罠をチラつかせて相手伏せ除去を誘い、ブラフとしてこちらをセットする手もあるか。

 また、《アーティファクト−デュランダル》効果を書き換えたり、《暗遷士 カンゴルゴーム》対象をこのカードに変えるなどすればある程度能動的に使える。
 だが、どちらも相手トリガーとなる効果を使わねばならず、これらと伏せカードが並んだ時点で相手はそのトリガーを警戒する。
 またこれらのカードエクストラモンスターゾーンを埋めてしまうと、エクストラデッキからの特殊召喚ができなくなるため、リンクモンスターなどを併用しておきたい。
 カードを強制的に破壊する《ドッペルゲンガー》などを送りつけリバースさせる手なら能動的に使える。
 《ギブ&テイク》で、強制的に破壊する《トリオンの蟲惑魔》送りつけるのも有効。
 《アブソーブポッド》《トポロジック・トゥリスバエナ》送りつけその効果発動することで、相手魔法・罠カード除去できる。

 出せるモンスターに制限はなく、ブラフとするカードの中でも扱いやすいだろう。
 相手依存で発動する場合、エンドサイク時と相手自身のターン発動する事が多い。
 そのため、相手の行動を妨害できる効果を持つモンスター耐性を持つモンスターを出した方が良い場合が多い。
 メインデッキ制圧を行える効果を持つモンスターはあまり多くはなく手札事故も起きやすくなるので、基本はエクストラデッキに行動制限を行う効果を持つモンスターを何枚か入れそれを特殊召喚する事になる。

 融合モンスターなら《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》シンクロモンスターなら《花札衛−五光−》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》などが候補となる。
 エクシーズモンスターならエクシーズ素材がなくても効果を発揮できるモンスターが望ましく、《RR−アルティメット・ファルコン》《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》などが候補となる。
 自分ターンで出す場合や相手ターンを凌げるのであれば、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を重ねて制圧力を高められる《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》なども選択肢に入るだろう。
 リンクモンスターは上記のモンスターよりは制圧力が劣るがリンク先を残せる利点があり、《ヴァレルロード・ドラゴン》などが候補となる。

  • 「やぶ蛇」とは、「余計なことをしたがためにかえって悪い結果になる」という意味のことわざ「藪をつついて蛇を出す」の略語である。
    下手な除去を行なった結果、大型モンスターが現れた、ということだろう。
  • 英語名は《Waking the Dragon》(竜を目覚めさせる)となっている。
    逆鱗に触れる」という慣用句が示す通り、ドラゴンはしばしば触れてはいけない危険の象徴とされる。
    ドラゴン族との関連はないが、このカードの日本語名とマッチした英語名であると言える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《やぶ蛇》 通常罠

広告