《アークネメシス・エスカトス》

特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードは効果では破壊されない。
(2):フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。
フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。
次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。

 ETERNITY CODEで登場した光属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 フィールド墓地から種族の異なるモンスター3体を除外することで特殊召喚を行える召喚条件効果破壊耐性永続効果宣言した種族モンスターを全て破壊し、次のターン終了時まで宣言した種族モンスターお互い特殊召喚できなくなる起動効果を持つ。

 種族の異なる3枚のカード墓地フィールドから除外することで特殊召喚できる。
 最初から複数の種族を扱うデッキでなくとも、リンクモンスター等の連続展開で複数の種族を中継素材とすることで満たすことができる。
 フィールドからも可能ではあるものの、アドバンテージ面を考え極力墓地から調達したい。
 手札誘発モンスターを多用すれば意識せずとも特殊召喚の下地を整えることができるだろう。

 《ドラゴン・目覚めの旋律》は、必要な種族手札コストとして捨てつつこのカードサーチできるため相性がいい。
 【宝玉獣】は元より《ドラゴン・目覚めの旋律》を採用しやすく、複数種族に跨るデッキなので特殊召喚も狙いやすい。

 (1)は効果破壊耐性
 自分カードに対しても耐性を持つため、《ブラック・ホール》等や、(2)でドラゴン族宣言した場合にも自身は破壊されない。
 破壊以外の効果は受けてしまうために過信はできないが、強化耐性付与等の効果を受けさせることはできる。

 (2)は宣言した種族モンスター全体除去、及び次の相手ターン終了時までの展開制限をかける効果
 1種族を多用するデッキは珍しくなく、それらに対しては全体除去に加え、次のターンの展開まで制限できるため強力なメタカードとなる。
 コストなども存在しないため、単純に1体を処理するために発動するのもよい。
 特殊召喚制限は自分にも発生するため、自分にも影響のある種族宣言するなら発動のタイミングを考えたい。

 なお、特殊召喚封じのみを目的として、フィールドに存在しない種族宣言して(2)を発動するという事はできない。
 一方、破壊耐性などにより1体も破壊できなかった場合にも、宣言した種族への特殊召喚制限は発生する。
 これを利用すれば、このカード単体でドラゴン族の展開を往復1ターンの間封じられるカードと見なせる。
 マッチ2戦目以降で相手デッキ【ドラゴン族】系列と判明している場合、先攻ターン目にこのカードを出して宣言する事で、相手後攻ターン目の展開を強烈に制限できる。

  • 「エスカトス/eschatos」はギリシャ語で「最後の・極限の」を意味する。
    「最初」を意味する「プロートス」とは、攻撃力守備力属性ともに対になっている。

関連カード

―《アークネメシス・エスカトス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《アークネメシス・エスカトス》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星11 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ネメシス

広告