《アマゾネスの秘宝(ひほう)/Amazoness Heirloom》

装備魔法
「アマゾネス」と名のついたモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターは1ターンに1度だけ、戦闘では破壊されない。
装備モンスターが攻撃した場合、その攻撃を受けたモンスターをダメージ計算後に破壊する。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した装備魔法
 アマゾネスに、1ターンに1度戦闘破壊耐性《六武衆−ザンジ》のような効果破壊能力を付加する。

 2つの効果が噛み合っており、戦闘ダメージさえ覚悟すれば守備表示だろうが攻撃表示だろうが問答無用で相手破壊する事が可能。
 戦闘を介する必要があるものの、対象をとらない効果であることも利点。
 破壊効果は「攻撃した時」限定であるため「攻撃された時」には発生しないが、戦闘破壊耐性があるため相手ターンでもにできる。
 《アマゾネスの剣士》とは特に相性が良く、相手モンスター除去しつつ受けた戦闘ダメージを反射できる。

 2回攻撃効果を付与した場合、2体のモンスター破壊できる。
 ただし、戦闘破壊耐性は1度なので使う相手は考えたい。

 同様に事実上の戦闘破壊耐性付与と戦闘を介した除去が行える装備魔法としては他に《月鏡の盾》が存在する。
 同じアマゾネスに装備させる場合、相手戦闘破壊耐性持ちでも破壊できる点、上記の《アマゾネスの剣士》とのコンボが狙える点、強制効果ライフコストを気に病む必要がない点等でこちらが勝る。
 一方で、1ターンに1度しか攻撃をしのげない点や、墓地へ送られた際にフォローする効果が無い点等で劣る。

 《アマゾネスの剣士》と組み合わせる場合、《ミスト・ボディ》とは一長一短である。
 《ミスト・ボディ》相手モンスター除去できないが、2回以上の攻撃を凌げる。
 こちらはモンスター除去ができるが、2回目の攻撃戦闘破壊されてしまう。

 《アマゾネスの叫声》全体攻撃を付与したアマゾネスにこのカードを装備させれば相手モンスターの全滅も狙える。
 《アマゾネス女王》やそれをリクルートできる《アマゾネス王女》なら自爆特攻になっても問題ない。

  • 英語名の「heirloom」は「家宝」という意味である。

関連カード

戦闘を行ったモンスターダメージ計算後に破壊する効果については《ジェノサイド・ウォー》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:破壊する効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作られます。(11/09/17)

Q:破壊する効果対象をとる効果ですか?
A:いいえ、対象をとる効果ではありません。(13/05/26)


Tag: 《アマゾネスの秘宝》 魔法 装備魔法 アマゾネス

広告