《アンプリファイヤー/Symph Amplifire》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
「音響戦士」カードの効果が発動する度にこのカードに音響カウンターを1つ置く。
(2):フィールドの「音響戦士」モンスターの攻撃力は、
このカードの音響カウンターの数×100アップする。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの音響カウンターを5つ
または7つ取り除いて以下の効果を発動できる。
●5つ:フィールドの「音響戦士」カードの数×300ダメージを相手に与える。
●7つ:フィールドの「音響戦士」カードの数まで、
相手のフィールド・墓地のカードを選んで除外する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場したフィールド魔法
 音響戦士効果発動する度に音響カウンター置く効果音響カウンターの数だけ音響戦士強化する効果音響カウンターを取り除きその数に応じた効果を持つ。

 (1)の効果音響戦士効果発動の度に、音響カウンターを自身に置く効果
 音響戦士カードと指定されているので《音響戦士ギータス》《音響戦士マイクス》ペンデュラム効果でも音響カウンターを乗せられる。
 ただし、《音響戦士ギータス》《音響戦士マイクス》手札から発動する際は音響カウンターは乗らない
 チューナー音響戦士フィールド墓地それぞれで発動できる効果を持っており、音響カウンターを溜めやすい。

 (2)の効果音響カウンターの数だけ、音響戦士攻撃力を上げる効果
 前述の通り音響カウンターが溜まる速度は速いものの、音響戦士は専ら素材として使われることが多く、フィールドに残っていることが少ない。
 よって、おまけ程度になるだろう。

 (3)の効果音響カウンターを取り除いて発動するバーン除外効果
 5つ取り除くバーン効果は、(2)の効果で上昇する攻撃力の合計値よりもダメージが下回っており、ダメージを与えるなら攻撃した方が良い。
 引導火力として使うか、全体除去に巻き込む前に使える程度。

 7つ取り除く除外効果は、《氷結界の龍 トリシューラ》と同じ「対象をとらない除外」。
 音響戦士の数が多いほど除外できる枚数が増えるので、《音響戦士ギータス》効果《地獄の暴走召喚》などによる展開を併用したい。
 チューナー音響戦士を展開して効果を使用すれば音響カウンターも溜まる。
 音響戦士の数より相手フィールド墓地の枚数が下回っていても除外できる。
 《音響戦士ギータス》音響戦士チューナー、または《音響戦士サイザス》手札にある場合、以下の手順で音響カウンターを7つ置くことができる。

  1. 《音響戦士ギータス》ペンデュラム効果(1つ)と通常召喚音響戦士チューナー《音響戦士サイザス》フィールドに揃える。
  2. 《音響戦士サイザス》効果発動して(2つ)音響戦士チューナー効果を2回使用する(4つ)。
  3. 《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚し、音響戦士チューナーリクルート
  4. 墓地音響戦士チューナー除外して効果発動した(5つ)後に、《音響戦士サイザス》の(3)の効果(6つ)によって帰還させる。
  5. 《音響戦士サイザス》特殊召喚した音響戦士チューナー効果を使用(7つ)。

 この時点でフィールド音響戦士カードは3枚あるため、3枚まで相手フィールド墓地カード除外できる。

 なお、全ての効果相手音響戦士も参照するため、ミラーマッチでは音響カウンターが高速で乗る。
 そのため、(2)の効果の強化値や(3)の効果除外ダメージの量も増える。
 よって、相手に先出しされた場合は音響カウンターが乗る前に除去してしまいたい。

  • amplifier」とは『拡大するもの』を意味するが、一般的にはマイクやギターの音を増幅する機器のことを指し、「アンプ」と略される。
    なお、一般的な音写は「アンプリファイア」だが、このカード名の通り「アンプリファイヤー」という表記揺れも存在する。
    あるいは、火を意味する「ファイヤー(fire)」と掛けている可能性もある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《音響戦士ギータス》ペンデュラムゾーン発動した場合、音響カウンターを置く事はできますか?
A:いいえ、音響戦士カード効果発動していないので置く事はできません。
  その後、《音響戦士ギータス》ペンデュラム効果発動が行われた場合に置く事ができます。(17/03/24)


Tag: 《アンプリファイヤー》 魔法 フィールド魔法

広告