《イグナイト・アヴェンジャー/Igknight Lancer》

効果モンスター
星7/炎属性/戦士族/攻2600/守1800
(1):自分フィールドの「イグナイト」カード3枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの
「イグナイト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻し、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで持ち主のデッキの一番下に戻す。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した炎属性戦士族最上級モンスター
 自分フィールドイグナイト破壊して特殊召喚する起動効果自分フィールドイグナイトモンスターバウンスして相手魔法・罠カードデッキの一番下バウンスする起動効果を持つ。

 (1)の効果特殊召喚するにはイグナイトを3枚も破壊する必要があり、重い
 イグナイトペンデュラムモンスターエクストラデッキからペンデュラム召喚するにもリンクモンスターが必要となり、ディスアドバンテージの回避に手間がかかる。
 《イグナイト・ユナイト》特殊召喚するのが良いだろう。
 一応、ペンデュラムゾーンカード破壊できるため、手札消費は大きいが序盤から特殊召喚する事もできる。
 通常召喚も可能なので、召喚権が余っているなら無理に使う必要は無い。

 (2)の効果では自分フィールドイグナイトバウンスし、相手魔法・罠カード1枚をデッキの一番下バウンスする。
 対象を取るのは戻すイグナイトのみであり、魔法・罠カード対象を取らない。
 エクストラデッキに置かれたイグナイトペンデュラムモンスターペンデュラム召喚し、この効果バウンスすれば再度ペンデュラムゾーンに置ける。
 エクストラモンスターゾーンイグナイトバウンスし、次のターンエクストラデッキからのペンデュラム召喚枠を確保することにもつながる。
 しかしながら、魔法・罠カード除去は展開前に行いたいため、重いこのカードを使用してまでデッキに戻したい魔法・罠カードは限られてくる。
 狙うならば破壊では容易に再利用されるペンデュラムゾーンカードなどが良いだろう。

 (1)の効果モンスターゾーンイグナイト破壊する場合3枚を同時に破壊するため、《キックファイア》カウンターを一気に3つ置ける。
 永続罠であるため即効性はないが3000の効果ダメージは十分引導火力になり得る。
 《火霊術−「紅」》と合わせて【ビートバーン】寄りの構築にするのもいいだろう。

  • カード名は航空機搭載機関砲「GAU-8 アヴェンジャー」に由来すると思われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果解決時対象に選択したカードの内1枚がフィールドに存在しなくなった場合でも、残りの対象に選択したカード破壊し、このカード特殊召喚する処理は行われますか?
A:はい、行われます。(15/04/24)


Tag: 《イグナイト・アヴェンジャー》 モンスター 星7 炎属性 戦士族 効果モンスター 攻2600 守1800 イグナイト

広告