《イビリチュア・リヴァイアニマ/Evigishki Levianima》

儀式・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2700/守1500
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
このカードの攻撃宣言時、自分のデッキからカードを1枚ドローし、
お互いに確認する。
確認したカードが「リチュア」と名のついたモンスターだった場合、
相手の手札をランダムに1枚確認する。

 DUEL TERMINAL −星の騎士団 セイクリッド!!−で登場した水属性水族儀式モンスター
 攻撃宣言を行うたびにドローし、リチュアモンスタードローできればピーピングを行う誘発効果を持つ。

 攻撃宣言ごとにアドバンテージを得られ、儀式召喚ディスアドバンテージを回収できる。
 複数枚並べれば、毎ターン大きなアドバンテージを生み出してくれる。
 一応、ピーピング効果も持ち併せてはいるが、枚数が《未熟な密偵》と同じではオマケ程度である。
 《イビリチュア・ガストクラーケ》と合わせ《マインドクラッシュ》を採用するならば有効に使えるか。

 しかし、アドバンテージは得られるものの、状況打破をできる効果は持っておらず、高攻撃力相手に対しては何もできない。
 その点、アドバンテージは得られないが、対象の広い除去効果を持つ《イビリチュア・ソウルオーガ》とは対極に位置するカードである。
 《イビリチュア・ソウルオーガ》と共にデッキに投入し、《トレード・イン》《リチュアの儀水鏡》を上手く使って状況にあった儀式モンスターを選択していきたい。

 リチュア儀式モンスタードロー可能なものとしては、《イビリチュア・ジールギガス》も存在する。
 あちらはライフコストこそ要求するものの攻撃しなくともドローが可能であり、リチュアドローした際の見返りが大きく、おまけに攻撃力が非常に高い。
 ただし、あちらはサポートの難しいレベル10なのに対し、こちらは上記の通り《イビリチュア・ソウルオーガ》とのリリース共有、《トレード・イン》への対応等、メリットの多いレベル8である。
 そして、何より【リチュア】ではデッキタイプごとにレベルを揃えた方が回りが良くなるため、そもそも同居することが少なく十分差別化できていると言えよう。

 2回攻撃可能にする効果を付与することで1ターンで複数枚ドローすることもできる。
 とはいえ、消費が多い儀式モンスターとそういったカードの併用は事故になりやすい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の種別は何ですか?
A:1つの誘発効果となります。(13/06/23)

Q:相手がこのカードの効果ドローしてそのカードお互い確認した後、自分《強烈なはたき落とし》発動できますか?
A:ドローしたカードリチュアモンスターでないのであれば効果処理後に発動できますが、リチュアモンスターであった場合はその後効果処理によってタイミングを逃して発動できません。(15/06/18)

Q:このカードの効果チェーンして《くず鉄のかかし》発動した場合、ドローの処理は行われますか?
A:はい、攻撃無効になってもドローできます。(11/11/11)


Tag: 《イビリチュア・リヴァイアニマ》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星8 水属性 水族 攻2700 守1500 リチュア

広告