《インフェルニティ・デストロイヤー/Infernity Destroyer》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2300/守1000
自分の手札が0枚の場合、
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
相手ライフに1600ポイントダメージを与える。

 「遊戯王ファイブディーズ STARDUST ACCELERATOR - WORLD CHAMPIONSHIP 2009」攻略本 付属カードで登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 自分手札が0枚の時に相手モンスター戦闘破壊した場合、相手ダメージを与える誘発効果を持つ。

 1600ダメージというのは初期ライフの5分の1を削り取る数値であり、固定ダメージとしては大きい方である。
 しかし、自分手札が0枚の時のみという厳しい条件がある。
 【インフェルニティ】ならば条件を満たしやすいのだが、最悪の場合は手札に来た2枚目のこのカードを処理できず、効果が使えなくなる可能性もある。
 フィールドの1枚目をリリースして2枚目をアドバンス召喚すれば効果が使えるようになるが、カード・アドバンテージを浪費してしまう。
 攻撃力上級モンスターの基準値である2400を下回っており、不安材料となっている。

 シンクロ召喚型の【インフェルニティ】であれば、このカード蘇生可能な状況では大抵シンクロモンスターを出せる状況にある。
 うまく回ったときの火力以外でシンクロモンスターに勝る点がない上、「メインデッキに投入できる高攻撃力」という点も《インフェルニティ・ジェネラル》が存在するため扱いが難しい。

 火力は高いが、自分手札が0枚という発動条件は厳しく、他のデッキでの活用も難しい。
 《E−HERO マリシャス・エッジ》らと比べても叩き出すダメージに遜色はないので手札を減らしやすい【ビートバーン】寄りのデッキならば採用の余地がある。
 【ペンデュラム召喚】型のデッキも相性が良く、ペンデュラム召喚リリース確保やこのカード自体の特殊召喚を狙え、他のモンスターも展開できるため手札を0枚にしやすい。

  • アニメではNormalであり、ダメージを与える数値が800だった。
    OCGでは初期ライフポイントが8000に対しアニメは丁度半分の4000であるため、OCGとアニメは数値がきっちり2倍の関係にある。
    「鬼柳vs巨体男」戦からはOCG仕様に変更されている。
    初期ライフは4000のままなので、ライフの5分の2を削る凶悪な効果になっている。
    しかし、「今日の最強カード」に掲載されたカード画像ではアニメ効果のままになっている。

関連カード

―類似効果については《幻獣ロックリザード》を参照。

―《インフェルニティ・デストロイヤー》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:戦闘相打ちになった場合、効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(09/04/19)


Tag: 《インフェルニティ・デストロイヤー》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻2300 守1000 インフェルニティ

広告