《ウィンドファーム・ジェネクス/Windmill Genex》

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/機械族/攻2000/守1600
「ジェネクス・コントローラー」+チューナー以外の風属性モンスター1体以上
このカードの攻撃力はフィールド上にセットされた
魔法・罠カードの数×300ポイントアップする。
また、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

 DUEL TERMINAL −魔轟神復活!!−で登場した風属性機械族シンクロモンスター
 自身の攻撃力強化する永続効果フィールド上にセットされた魔法・罠カード破壊する起動効果を持つ。

 シンクロ素材に制限があり、《ジェネクス・コントローラー》レベル4・風属性モンスターを併用したデッキでの運用となる。
 主に特殊召喚時に《ジェネクス・コントローラー》サーチできる《ジェネクス・ブラスト》が好相性。
 他にも《マブラス》風属性レベルモンスターなので、《簡易融合》を使うなら投入しておこう。

 1つ目の効果は、セットされたカードの分攻撃力をアップさせる効果
 相手依存の要素を含み、まとまった上昇値を得たい場合は自分から2枚以上は伏せておく必要がある。
 《心鎮壷》《魔封じの芳香》等で相手セットを強要し、可能であれば封殺する手段も用意したい。
 それでも除去カードの存在も考えると、このカード攻撃力を上げるためだけに無闇にカードセットするのは躊躇われる。
 2つ目の効果は、手札コストセットされた魔法・罠カード除去する効果
 回数制限はないのだが、発動する度にこのカード攻撃力手札と共に減っていき、表側表示魔法・罠カードにも無力。

 以上からも分かるように2つの効果はほとんどシナジーしていない。
 そのため、使用する場合は1つ目の効果をメインに使用し、除去効果は状況に応じて利用するといったスタイルを取るといいだろう。
 しかし、レベル7には縛りの無い《ダーク・ダイブ・ボンバー》《スクラップ・デスデーモン》等が存在し、どうしても見劣りしてしまう。
 安定した除去や打点を持つそれらを押しのけてこのカードシンクロ召喚すべきかは、よく考えたい。

 【ジェネクス】では《予想GUY》から《ジェネクス・コントローラー》リクルートし、通常召喚した《レアル・ジェネクス・ターボ》とで組み合わせられる。
 《レアル・ジェネクス・ターボ》サーチ効果手札も補充できるので、このカードの効果をサポートできるだろう。
 この時、《レアル・ジェネクス・オラクル》サーチ特殊召喚することで、このカードとで《レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト》に繋げられる。

  • 「ウィンドファーム(Wind Farm)」とは「風力発電基地」という意味。
    ジェネクスの中の何体かには、エネルギーに関係する名前を持つものがいるが、このモンスターもその中の1体である。
    英語名の「Windmill」とは、どちらかというと「風車」「風車小屋(装置)」という意味である。
    イラスト《ジェネクス・ブラスト》が組み合わさったような形をしている。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鬼柳」(2戦目)において遊星が使用した罠カード《バースト・シンクロ・サモン》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-V第60話において、囚人が看守に賄賂として渡していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    このカード英語名は当初《Wind Farm Genex》だった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:手札墓地へ送るのはコストですか?
A:コストです。(08/12/06)

Q:後半の効果対象をとりますか?
A:対象をとる効果です。(08/12/06)


Tag: 《ウィンドファーム・ジェネクス》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 風属性 機械族 攻2000 守1600 ジェネクス

広告