《エクトプラズマー/Ectoplasmer》

永続魔法
お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のエンドフェイズ時に1度だけ、
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選び、
そのモンスターをリリースし、リリースしたそのモンスターの
元々の攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した永続魔法
 両プレイヤーに影響を及ぼす、射出モンスター除去を兼ねた効果を持つ。

 毎ターンに1体ずつリリースするため、上手くモンスターを揃えることができれば永続的な火力として活躍してくれる。
 永続魔法効果墓地へ送られた場合、スタンバイフェイズ自己再生する《怨念のキラードール》も存在する。
 《マクロコスモス》《次元の裂け目》《異次元の生還者》コンボも、毎ターン使える火力となる。
 《黄金の天道虫》を併用してライフを維持しながら除去し続けるのもいいだろう。
 コアキメイルのような自壊効果のあるモンスター射出する手もある。
 特に《コアキメイル・アイス》はこのカード維持コストにもできるため、相性が良い。
 聖刻リリースするとを確保できる他、聖刻効果特殊召喚したドラゴン族射出してダメージを与えられるため相性は良い。

 ペンデュラム召喚を軸としたデッキでは、ペンデュラムゾーンペンデュラムモンスターが揃っている限り毎ターンリリースを確保できる。
 特に効果ダメージ無効ライフゲインに変換するDDとの相性は抜群で一方的にアドバンテージを稼げる。
 相手ペンデュラム召喚を軸としたデッキである場合は、逆に利用されないように注意したい。

 また、何らかの手段でライフを確保できれば、永続的に相手モンスター除去し続ける装置と化す。
 故に「最も手札に優しい除去魔法」として、【ドローゴー】での採用が見込める。

 総じてはまれば嫌らしいカードである。

  • 元ネタの「エクトプラズム(Ectoplasm)」は「霊能力者などが霊の姿を物質状にしたもの」を指す、心霊現象の一種である。
    生きている人間の口から出てくる場合が多い。
  • コナミのゲーム作品において―
    スマホアプリ「デュエルリンクス」では原作での活躍を踏まえてかパンドラ及びバクラが使用すると専用のセリフを述べており、こちらではしっかり「永続魔法《エクトプラズマー》」となっている。
    またパンドラのセリフからこのカードは「相手を死にいざなう魔法カード」とのこと。
    ただしCPUの思考ロジックが低い為か、使い方やコストに使うモンスターの管理に粗が見られる。
    バクラの場合はデュエル開始時に発動するスキルや《クロス・ソウル》等を用いることでこの問題点をカバーしているのだが、パンドラの場合はそうしたフォローもない為、結果的に自滅を招くカードとなってしまっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》スピリットモンスターに使用することは可能ですか?
A:はい、それらのモンスターリリースすることは可能です。

Q:ではあえてスピリットモンスターに使用せず手札戻す事は可能ですか?
A:はい、可能です。

Q:このカードの効果は毎ターン絶対に発動しなければいけないのですか?
A:リリースできるモンスターが居る場合は、必ずリリースしなければいけません。

Q:《洗脳−ブレインコントロール》で奪った相手モンスターリリースすることはできますか?
A:はい、可能です。

Q:自分モンスターリリースする際、《クロス・ソウル》の適用中であるならば相手モンスターリリースに選ばないといけないのですか?
A:はい、そうです。

Q:このカードエンドフェイズにどのように処理しますか?
A:効果発動するタイミングはターンプレイヤーが選択し、このカードコントローラー効果として発動します。(14/02/05)

Q:トークン罠モンスターリリースした場合、ダメージを与えることができますか?
A:はい、その場合でもリリースしたモンスター元々の攻撃力の半分、ダメージを与えることができます。(13/04/25)

Q:《エクトプラズマー》の効果について。このカードの効果リリース効果ダメージ効果は同時に処理しますか?
A:はい、同時に処理します。(12/07/18)


Tag: 《エクトプラズマー》 魔法 永続魔法

広告