《カオスポッド/Morphing Jar #2》

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 800/守 700
リバース:フィールド上のモンスターを全て持ち主のデッキに加えてシャッフルする。
その後、お互いのプレイヤーはそれぞれのデッキに加えた数と
同じ数のモンスターが出るまでデッキをめくり、
その中からレベル4以下のモンスターを全て裏側守備表示で特殊召喚する。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ捨てる。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した地属性岩石族下級リバースモンスター
 フィールドモンスターを全てデッキに戻し、その後デッキをめくり同数のモンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 フィールドモンスターの総入れ替えを行い、その過程で全モンスター裏側守備表示にするため、相手攻撃を防ぐことができる。
 相手デッキ内容にもよるが、デッキ破壊も可能。

 相手モンスター攻撃でこのカードリバースし、戦闘破壊が確定した場合、このカードデッキに戻らず墓地に送られる。
 そのため、自分フィールド上に《カオスポッド》しかいなかった場合、自分のみデッキ破壊効果を受けない。

 このモンスター効果は、相手モンスターの数が多い程力を発揮するので、相手モンスターを大量に召喚させてから発動させたい。
 ただし、相手デッキモンスターを多く採用していたり、終盤にこの効果を使用し過ぎたりして、相手デッキモンスターが多めに存在する場合は、デッキ破壊はあまり行われず、モンスターの総数も変わらないので、一時しのぎにしかならない事もある。
 除去として見た場合、デッキに戻す効果耐性を持つモンスターは少ない。
《砂漠の光》《カオス・インフィニティ》などで相手ターンリバースさせるカードと併用することで、対象を取らないフリーチェーンデッキバウンスのように扱うことも出来る。
バージェストマは共通効果によりこのカード効果を受けず、このカードによるデッキ破壊メリットになるのでシナジーがあると同時に弱点でもある。
 また、裏側守備表示特殊召喚する関係で、リバースモンスターとも相性が良い。

 このモンスターを採用するデッキには、【デッキ破壊】が挙げられる。
 この効果自分デッキに被害が及んだ場合でも、デッキ破壊キーカードである《ニードルワーム》裏側守備表示特殊召喚する事ができるため、非常に有効に機能するからである。
 他では、【カオスループ】においては、デッキの根幹を形作り、《召喚制限−猛突するモンスター》とのコンボによる無限ループを発生させ、相手1ターンキルする。

 相手デッキ【死皇帝の陵墓】【儀式天魔神】等の特殊召喚する事ができないモンスターや、高レベルモンスターが多いデッキに対しては、モンスター除去も行う事ができるので、こちらとも相性が良い。
 また、魔法・罠カード墓地へ捨てるので、【パーミッション】【ロックバーン】等の魔法・罠カードが多いデッキに対しては、一度に大量のデッキ破壊を行う事ができる。
 ただし、【ドローゴー】モンスターを一枚も採用しないので、全く効果がない。
 《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》等は、このカード効果特殊召喚されないため、【サイカリバー】対策デッキに残っているガジェットの種類が偏れば連鎖を止める事もできる。
 デッキ破壊こそできないものの、デッキに戻らないトークンや、エクストラデッキに戻るシンクロモンスター等の除去もできる。
 【岩石族】では、ドローロックが狙え守備力も高い《伝説の柔術家》が優先されやすいが、大量展開されたモンスターにまとめて被害を与えられるこのカード地雷として仕込んでおくのも手である。
 ただし、岩石族に採用されやすいコアキメイル維持コストとして見せると、相手に狙いがバレて対策を取られる恐れがあるが、それを逆手にモンスターセットしたターン終了後に違う岩石族を見せる等の心理戦を相手に仕掛ける事もできる。

  • 間違えやすいが「ポッ」ではなく「ポッ」である。
    他の「ポッド」とは違ってこのカードは「ポット」の姿をしているため、特に注意が必要。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの「遊馬vsチャーリー」戦においてチャーリーが使用した通常魔法《リリース・チェンジ》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは、効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「もしその壷に手を入れてしまったら確実に引きちぎられてしまう」と書かれている。
    《朱い靴》と類似したテキストである。
    また、「魔界で作られた悪魔の壺。中に入れたものは二度と取り出せない」というテキストもある。
    何のために作られたのだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《カオスポッド》の戦闘破壊が確定している場合、リバース効果でこの《カオスポッド》をデッキに戻してシャッフルしますか?
A:いいえ、デッキに戻さず、デッキに戻した枚数にもカウントしません。

Q:持ち主の異なるモンスターフィールド上に存在する時に《カオスポッド》のリバース効果発動した場合、そのモンスターはどうなりますか?
A:元々の持ち主デッキに戻り、持ち主の戻した枚数としてカウントします。

Q:特殊召喚する事ができないモンスターや、上級モンスターをめくった場合、どうなりますか?
A:墓地に捨てますが、めくったモンスターの数にはカウントされます。

Q:モンスターが1枚も出ずに全部デッキをめくってしまった場合、めくったカードはどうなりますか?
A:そもそも、1枚も戻す事ができないならばカードをめくる必要がありません。

Q:融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターは、エクストラデッキに戻りますか?
  また、エクストラデッキに戻る場合、「デッキに戻ったモンスター」としてカウントしますか?
A:エクストラデッキに戻ります。
  しかし、メインデッキに戻っていないので、「デッキに戻ったモンスター」としてはカウントしません。

Q:罠モンスターデッキに戻りますか?
  また、戻る場合、それを「デッキに戻ったモンスター」としてカウントしますか?
A:デッキに戻ります。
  しかし、デッキに戻る時点で罠カードとして扱われるので、「デッキに戻ったモンスター」としてはカウントしません。

Q:モンスタートークンは、デッキに戻りますか?
A:モンスタートークンデッキには戻らず、その場で消滅します。また、「デッキに戻ったモンスター」としてもカウントされません。

Q:このカードの効果によって裏側守備表示特殊召喚されたモンスター表示形式は、そのターンに変更できますか?
A:いいえ、裏側守備表示特殊召喚しているため、自分の意思では変更する事ができません。

Q:このカードの効果によって裏側守備表示特殊召喚された相手モンスターコントロールをそのターン《精神操作》等で自分が得た場合、自分は同じターンにそのモンスター表示形式を変更できますか?
A:いいえ、できません。(14/10/09)

Q:相手フィールドに「元々の持ち主自分」であるモンスターがいる場合、デッキ自分モンスターが「6体以上」戻る事もありえます。
  この場合、どうなりますか?
A:この場合は、特殊召喚するカードを選んで裏側守備表示特殊召喚し、裏側守備表示特殊召喚する事ができなかった残りのレベル4以下モンスター墓地へ捨てます。
  《地盤沈下》等で特殊召喚する事ができる数が減っている場合も、同様に処理します。

Q:《キング・もけもけ》《シューティング・クェーサー・ドラゴン》等の、フィールド離れた時に発動できる任意効果は、発動できますか?(タイミングを逃しますか?)
A:デッキめくる処理があるため、タイミングを逃します
  しかし、フィールド上に《シューティング・クェーサー・ドラゴン》のみしか存在しない場合等、デッキめくる処理を行わない場合は発動できます。(13/11/29)

Q:《強欲で謙虚な壺》発動したターン相手の《カオスポッド》の効果発動しました。この場合、どう処理をしますか?
A:モンスターを全てデッキに戻しますが、《強欲で謙虚な壺》発動したプレイヤー特殊召喚ができないので、レベル4以下のモンスターが出た場合、墓地に捨てます。(12/03/02)

Q:《召喚制限−猛突するモンスター》フィールド上に表側表示で存在します。
  デッキに《カオスポッド》が存在する時に《カオスポッド》がリバースした場合、効果発動しますか?
A:はい、発動します。(12/10/18)


Tag: 《カオスポッド》 モンスター リバースモンスター 効果モンスター 星3 地属性 岩石族 攻800 守700

広告