《カップ・オブ・エース/Cup of Ace》

通常魔法
コイントスを1回行う。
表が出た場合、自分はデッキからカードを2枚ドローする。
裏が出た場合、相手はデッキからカードを2枚ドローする。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した通常魔法
 効果解決時コイントスの結果が表なら自分が、裏なら相手が2枚ドローする。

 このカードを単発で使用した場合、平均的にアドバンテージは−1になる。
 (表と裏でそれぞれのアドバンテージが表なら+1、裏なら−3で、この期待値を計算すると−1になる)
 《セカンド・チャンス》1枚と併用した場合は、平均的にアドバンテージは0になるので、《セカンド・チャンス》と組み合わせるのが基本となる。
 (表(1/2)、裏表(1/4)、裏裏(1/4)がそれぞれ+1、+1、−3で、この期待値を計算すると0になる)
 表が出れば禁止カード《強欲な壺》と同じ効果であり、運に自信があるのなら単独で使うのも手だろう。

 《王立魔法図書館》《魔法都市エンディミオン》を併用するタイプの1ターンキルデッキでは、コイントスに成功すればドロー、失敗しても魔力カウンターが乗る。
 相手ドローを活用する前にデュエルが終了するため、デメリットもほとんどない。
 デッキ破壊を狙うタイプのデッキでもデメリットが薄くなり、1ターンキルデッキ破壊ならどちらが出てもメリットとなるが、相手デッキが1枚以下の場合は発動できないので注意が必要である。

 その他、《便乗》発動させて自分が必ず2枚ドローできるようにしたり、いっそデメリットを利用して《大暴落》を狙う事も可能。

  • 「カップ(聖杯)」はタロットにおける小アルカナのカードの一種。
    主に何かしらの事象(特に人間関係)に対しての喜びを表す。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vs斎王」(1戦目)で斎王が使用。
    正位置の効果を得て、デッキからカードを2枚ドローした。
  • アニメでのイラストは背景の雲と水面の輪を中心に、細部が異なっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果発動した場合どうなりますか?
A:コイントスを行い、その結果によってドローします。(08/08/20)

Q:このカードの発動に対して《精霊の鏡》チェーンすることはできますか?
A:いいえ、できません。(09/01/03)

Q:相手デッキカードの枚数が2枚未満の場合に発動できますか?
A:いいえ、お互いのデッキの枚数が2枚以上でないと発動できません。(11/02/24)


Tag: 《カップ・オブ・エース》 魔法 通常魔法

広告