《ガーディアン・バオウ/Guardian Baou》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 800/守 400
「破邪の大剣−バオウ」が自分のフィールド上に存在する時のみ、
このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができる。
戦闘で相手モンスターを破壊して墓地へ送る度に、
このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。
また、戦闘で破壊した効果モンスターの効果は無効化される。

 ガーディアンの力で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 ガーディアンの一体であり、召喚反転召喚特殊召喚《破邪の大剣−バオウ》を必要とする召喚制限相手モンスター戦闘破壊して墓地へ送った場合に攻撃力自己強化する誘発効果戦闘破壊したモンスター効果無効にする永続効果を持つ。

 《破邪の大剣−バオウ》発動手札コストを要求するため、《ザ・キックマン》などで手札コストを無視して発動したい。
 しかしそうまでして出しても、この攻撃力ではモンスター戦闘破壊するのは困難。
 《収縮》などの戦闘補助カードが必須な上、1度戦闘破壊に成功しても攻撃力は1800と下級モンスターとしての及第点程度。
 2体以上破壊できれば有用になるが、除去されればそれまでであり、召喚・維持するためのカード消費に見合っているかは疑問が残る。
 ガーディアンの運用に特化している【ガーディアン】においても、扱いは非常に難しいカードである。

 戦闘破壊したモンスター効果無効化する効果を併せ持つが、召喚条件となる《破邪の大剣−バオウ》も同様の効果を持っている。
 このカード召喚できる時点で、既に同じ効果を得たモンスターフィールドにいれば出す意味が薄くなってしまう。
 さらに属性等を考慮しなければ《漆黒の魔王 LV4》の方が召喚条件が無い分使いやすく、あちらもレベルアップによって攻撃力を上げることができる。

 専用の装備魔法が無くても自身のセットが行える点は、他のガーディアンと同様。
 セット後、《軍神ガープ》等で攻撃表示に変更できる。
 なお、墓地に送らなければ強化されないため、トークンを倒しても攻撃力は上昇しない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGX異世界編にて、覇王十代の側近五人衆の一人として登場している。
    側近の内、彼だけは覇王十代が倒された時点で唯一デュエルをしておらず生き残った。
    覇王十代が敗れた後に覇王城の窓からその様子を見て悔しがっていた。
    その後、十代が覇気を失いさらに罪悪感から《融合》を使えなくなっていることを《ダークファミリア》からの情報で知り、覇王の抜け殻状態の十代を倒し名をあげるべく十代の前に現れ、デュエルを挑んだ。
    《融合》が使えないため上級モンスター召喚できない十代に対し、下級モンスター攻撃を封じる戦術で挑んだが、《融合》を使わない戦術に敗北し、消滅した。
  • 《大成仏》イラストを見る限り非常に大きいはずだが、アニメGXで登場した際にはそこまで大きくはなかった。
  • このキャラクターの声を担当した堀田勝氏は、前作とアニメARC-Vにも出演している。
    しかも、その役名はどちらも「トニー」である。
    さらには、アニメ5D'sの脇役である烏水の声も担当した。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ガーディアン・バオウ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻800 守400 ガーディアン

広告