《ガガガタッグ/Gagagatag》

通常魔法
自分フィールド上の全ての「ガガガ」と名のついたモンスターの攻撃力は、
次の自分のスタンバイフェイズ時まで、
自分フィールド上の「ガガガ」と名のついたモンスターの数×500ポイントアップする。
「ガガガタッグ」は1ターンに1枚しか発動できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した通常魔法
 自分の全てのガガガ攻撃力をその数×500上げる効果を持つ。

 ガガガが2体存在すれば攻撃力が1000アップし、最大の5体なら2500ポイントもの強化が可能だが、1体として見れば《団結の力》等に劣る。
 しかし、このカードは全てのガガガ適用されるため、2体のガガガが存在すれば合計で攻撃力は2000上昇することになる。
 そのため、対モンスター用の打点強化はもちろんだが、何よりも直接攻撃が可能な場面での総攻撃で真価を発揮するだろう。
 ガガガはそれほど展開力のあるカテゴリではないが、《地獄の暴走召喚》などを使えば、1ターンキルも狙うことはできる。

 とはいえ、コンバットトリックには使えないため、多く並べられなければ他の強化カードよりも扱いづらい。
 何体か並べることができれば十分な強化値を得られるが、ガガガ自体の攻撃力は低めのものが多いため、上昇しても物足りない場面もある。
 また、ガガガ自体での攻撃には大きく有効な反面、エクシーズ召喚を行えば各種エクシーズモンスター《ガガガガール》効果攻撃力はカバーできることも多い。
 元々【ガガガ】は展開カードに枠を割きやすいので、場合によっては事故要因にもなりうるこのカードを使うかはよく考えたい。

 ガガガモンスターしか特殊召喚できなくなる制約の代わりに、墓地ガガガ蘇生させる《ガガガマンサー》とは相性が良い。
 単純に《ガガガマンサー》効果発動後に使用した場合でも合計攻撃力は2000上がり、もう一体ガガガがいれば実に4500も上昇する。
 ガガガを2体まで蘇生できる《ガガガヘッド》も相性が良く、強化の合計値は4500となり一気に攻め込む事も可能。
 連続攻撃を行える《ガガガザムライ》とも好相性であり、上手くいけば1ターンキルも狙える火力となる。
 幅広いランクエクシーズ召喚を行うデッキタイプよりも、1ターンの爆発力を求めるタイプの【ガガガ】でこそ真価を発揮するカードと言えよう。

 なお、効果はこのエンドフェイズではなく次の自分スタンバイフェイズまで持続する。
 しかし、ガガガエクシーズモンスターを含め攻撃表示フィールドに残してメリットのある効果に乏しく、エクシーズ召喚しないで相手ターンに回す意義は薄い。
 大量に並べられればとして充分な攻撃力は得られるが、次の自分ターン攻撃時にはリセットされているため、あくまでそのターン限りの全体強化として使いたい。
 1ターンキルとは真逆の方向性だが、闇属性魔法使い族ガガガ達をウイルスリリース要員にしたり、《ブラック・イリュージョン》効果下に入れる等の使い方はあるが、消費は大きいため無理な併用は避けたい。

  • 5体のガガガを並べた際にはそれぞれの攻撃力が2500ポイントずつアップする事になる。
    合計攻撃力は2500×5=12500ポイントも上昇した事になり、1枚の魔法カードでの強化値としては破格の数値を叩き出す。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ガガガタッグ》 魔法 通常魔法 ガガガ

広告