《キメラテック・オーバー・ドラゴン/Chimeratech Overdragon》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/機械族/攻   ?/守   ?
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが融合召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
このカードの元々の攻撃力・守備力は、
このカードの融合素材としたモンスターの数×800ポイントになる。
このカードは融合素材としたモンスターの数だけ相手モンスターを攻撃できる。

 POWER OF THE DUELISTで登場した闇属性機械族融合モンスター
 融合召喚でしか特殊召喚できない召喚制限融合召喚に成功した場合に自身以外の自分フィールドのカードを全て墓地へ送る誘発効果融合素材の数だけ元々の攻撃力・守備力を上昇する永続効果融合素材の数だけモンスター攻撃できる永続効果を持つ。

 融合素材《サイバー・ドラゴン》と他の機械族が1体以上と緩く、《オーバーロード・フュージョン》とセットで仕込んでおけば【機械族】全般で隠し切り札として機能する。
 10体以上の機械族モンスター融合素材とする事で、攻撃力1ターンキル圏内に達するが、桁外れの攻撃力を狙う戦術は《オーバーロード・フュージョン》《サイバネティック・フュージョン・サポート》墓地肥やしが必要である。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》を1ターン守れればかなりのデッキ圧縮が可能となり、上記のカードによる1ターンキルのサポートにもなる。

 融合召喚に成功した際にフィールドリセットが働いてしまうが、その後は普通に他のモンスター召喚特殊召喚しても問題はない。
 しかし、このデメリットのせいで罠カードとの併用が難しいため、天敵である《エフェクト・ヴェーラー》《虹クリボー》への対処が難しい。
 ディスアドバンテージや返しのターン除去される可能性も考えると、そのまま決着を付けに行きたいところ。
 また、他の効果永続効果なので、《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》発動しておけば、このデメリットのみを封じることができる。
 因みに、《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果融合召喚された場合は《未来融合−フューチャー・フュージョン》自身を除去してしまうため、結果的に自壊することになる。

 高い攻撃力を活かして貫通効果を付与しても良いが、裏側守備表示モンスター攻撃すると《スフィア・ボム 球体時限爆弾》《アマゾネスの剣士》で自滅してしまう恐れもあるため、過信は禁物。
 直接攻撃《バトルフェーダー》などで防がれる危険があるため、戦闘破壊されない《魂を削る死霊》《マシュマロン》等を送りつけたり、《ハーフ・シャット》《ハーフ・アンブレイク》耐性を持たせたりして、サンドバッグにしてしまうのも手だろう。
 ただし、最近は《禁じられた聖杯》などで手軽に効果無効にされ無力化してしまうので、相手の動向には特に注意したい。

 《ブラック・ガーデン》なら攻撃対象にできるトークンを大量生成できるため、全体攻撃による1ターンキルも容易になる。
 融合召喚に成功した時の効果強制効果なので、自分《ブラック・ガーデン》と以下のようにチェーンを組めば半減を回避できる。
 チェーン1:《ブラック・ガーデン》
 チェーン2:このカード墓地送り効果

 また、比較的容易にフィールドに出せるレベルモンスターであることには変わりないので、《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》などを用いてランク9のエクシーズ素材にする事も可能。

  • よく「キメラティック・オーバー・ドラゴン」と間違えられる。
    tic(ティック)(特徴)」ではなく「tech(テック)(技術)」である。
  • 初回登場時に亮が放った「エヴォリューション・レザルト・バースト、五連打!」が強烈に訛った「グォレンダァ!」という空耳は、よくネタにされる。
    公式でも遊戯王カフェでネタにしている。
  • アニメARC-Vの116話では、アカデミアの授業でカード名がスクリーンに表示されていた。
  • TAG FORCEシリーズではヘルカイザー亮がこのカード攻撃する際、「2連打」から「5連打」までの専用ボイスがあり、ギャラリーで全種類聞くことができる。
    また、彼が所属するチーム名には「五ォ連打ァ!」が冠される。

関連カード

《サイバー・ドラゴン》融合素材とするモンスターに関する効果

特殊召喚時のコストに比例する自己強化

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:元々の攻撃力・守備力を決定する効果の分類は何ですか?
A:永続効果です。(12/09/07)

Q:戦闘によって破壊されないモンスター1体に対して、融合素材に使用したモンスターの数だけ攻撃を行うことは可能ですか?
A:はい、可能です。

Q:このカードの融合召喚の際に、融合素材代用モンスター1体と機械族モンスターを4体融合した場合、このカードの攻撃力は4000になりますか?
A:はい、《サイバー・ドラゴン》または融合素材代用モンスターの枠の分も、攻撃力が上昇します。

Q:相手プレイヤー直接攻撃した時、《冥府の使者ゴーズ》特殊召喚されました。《冥府の使者ゴーズ》冥府の使者カイエントークン攻撃できますか?
A:いいえ、できません。このカード融合素材に使用したモンスターの数だけ攻撃できるわけではないため、直接攻撃後はモンスター攻撃できません。

Q:《収縮》《巨大化》発動された場合、それぞれ攻撃力はどうなりますか?
A:→元々の攻撃力(守備力)参照。

Q:《スキルドレイン》等でモンスター効果無効にされた場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は0になり、攻撃回数も1回になります。その後《スキルドレイン》効果がなくなった場合、攻撃力は0のままですが、複数回攻撃が可能となります。(17/11/27)

Q:相手プレイヤー直接攻撃した時に相手《くず鉄のかかし》発動攻撃無効にしました。その後そのバトルフェイズ中にモンスター特殊召喚された場合、そのモンスター攻撃できますか?
A:いいえ、できません。(12/05/31)

Q:5体の機械族融合したこのカード攻撃に、相手《くず鉄のかかし》発動した場合、続けて攻撃する事はできますか?
A:直接攻撃でない場合なら、可能です。その場合、攻撃できる回数が1回減り、4回攻撃となります。(09/06/08)

Q:攻撃力4000の《キメラテック・オーバー・ドラゴン》に《スキルドレイン》等にチェーンして《リミッター解除》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は8000となります。
  なお、その後《スキルドレイン》効果適用された場合でも、攻撃力は変化しません。(12/02/25)


Tag: 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星9 闇属性 機械族 攻? 守? 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告