《クインテット・マジシャン》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/魔法使い族/攻4500/守4500
魔法使い族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):魔法使い族モンスター5種類を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
リリースできず、融合素材にできず、効果では破壊されない。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック20 付属カードで登場した闇属性魔法使い族融合モンスター
 魔法使い族5種類を融合素材として融合召喚した時に相手フィールドカードを全て破壊する誘発効果リリース不可・融合素材化不可・効果破壊不可の永続効果を持つ。

 融合素材は「魔法使い族モンスター5体」と非常に重く、さらに(1)の効果を使うには5種類の魔法使い族融合素材にする必要がある。
 カード消費を考えれば、《未来融合−フューチャー・フュージョン》《円融魔術》を使うことになるだろう。
 【凡骨融合】あたりでは魔法使い族通常モンスター《フュージョン・ゲート》融合召喚することも不可能ではない。
 《ダーク・ドリアード》《魔の試着部屋》の後に《融合》、更にリンク先が空いてるなら《円融魔術》に繋げても良い。
 【トゥーン】では4種の魔法使い族トゥーンに、汎用性の高い《エフェクト・ヴェーラー》辺りを加えれば5種類が確保できる。

 (1)は全体除去効果
 (2)の耐性もあるため、発動もその後の攻撃も妨害されにくく、4500のダメージを通せる可能性も高い。
 しかし、魔法使い族5種類を融合素材とするため、複数の魔法使い族を併用するデッキで狙えるかどうかと言ったところ。
 【魔導書】【オルターガイスト】などの【魔法使い族】系統に《円融魔術》を採用すれば使える機会もあるだろう。

 (2)の効果アドバンス召喚リリース融合素材に使えないというデメリットもあるが、おおむね有用な耐性として働く。
 効果破壊に加えて、壊獣《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》特殊召喚《超融合》などの対処困難な除去への耐性を持つのは強みとなる。
 しかし、特殊な耐性を持つ一方でバウンス除外への耐性がないので、他のカードで補助しなければそこまで頼りにはできない。
 融合召喚後はステータスが非常に高いだけで有益な効果を発揮するわけではないので、ある程度割り切ってしまうのも手だろう。

  • 「クインテット(Quintet)」は音楽の「五重奏」を意味する。
    融合素材の数を演奏者の数に見立てているのだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:モンスターゾーンに存在する《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》《ブラック・マジシャン》を含む5種類の魔法使い族モンスター融合素材として、《クインテット・マジシャン》を融合召喚した場合、(1)の効果発動できますか?
A:できません。(18/02/22)

Q:《DNA改造手術》の効果によって、魔法使い族として扱われている(カード名の異なる)モンスター5体を融合素材として、《クインテット・マジシャン》を融合召喚した場合、(1)の効果発動できますか?
A:できます。(18/02/22)


Tag: 《クインテット・マジシャン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星12 闇属性 魔法使い族 攻4500 守4500 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告