《クリスタル・ローズ/Crystal Rose》

効果モンスター
星2/光属性/岩石族/攻 500/守 500
「クリスタル・ローズ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札・デッキから「ジェムナイト」モンスターまたは「幻奏」モンスター1体を墓地へ送る。
エンドフェイズまで、このカードは墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地から融合モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した光属性岩石族下級モンスター
 ジェムナイトまたは幻奏墓地へ送ってそのモンスター同名カード扱いとなる起動効果墓地融合モンスター除外して自己再生する起動効果を持つ。

 (1)の効果は、言うなればジェムナイト幻奏専用の《E・HERO プリズマー》
 《E・HERO プリズマー》と異なり、融合素材として指定されているモンスター以外もコピーできることが最大の特徴。
 純粋に墓地肥やしカードとしても使用でき、《ジェムナイト・ラズリー》墓地へ送りアドバンテージを得ることもできる。
 フィールドを離れれば回数がリセットされるため、(2)の効果と組み合わせれば1ターンに複数回使うこともできる。

 (2)の自己再生効果は、融合モンスター除外とややコスト重い
 このカード融合素材とした後、その融合モンスター墓地へ送られた際の2度目の融合召喚のための手段となる。
 しかし、融合モンスター蘇生手段を用意している場合は噛み合わせが悪く、【ジェムナイト】では《ジェムナイトマスター・ダイヤ》コストが被るため、構築段階で考慮しておきたい。
 この効果除外したジェムナイト融合モンスター《化石岩の解放》特殊召喚したり、《ジェムナイト・ファントムルーツ》効果融合素材にするなどして再利用すると良いだろう。

 【幻奏】では、《幻奏の歌姫ソプラノ》フィールド融合と相性が良く、特に《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》《幻奏の華歌聖ブルーム・プリマ》融合召喚する際の負担を大きく軽減できる。
 サルベージ効果持ちの《幻奏の音姫ローリイット・フランソワ》と並べれば、疑似サーチとして使用することが可能。
 自身も光属性のため発動制限に触れる心配もなく、《オネスト》等のサポートを共有できる。
 また、現在のところ幻奏融合モンスターはいずれも《沼地の魔神王》等の融合素材代用モンスターが使用不可能なため、心強いサポートとなる。
 墓地融合モンスター除外した場合も《奇跡の光臨》などで帰還につなげられる。
 ただ、幻奏にはこのカードを直接サーチする手段がないため、狙ったタイミングで出すには《シャインエンジェル》リクルートするくらいしか選択肢がない。

 【ジェムナイト】では連続で融合召喚を行うことが多く、《ジェムナイト・フュージョン》サルベージ効果除外するジェムナイトの確保にも利用できる。
 《ジェムナイト・アメジス》等を融合素材として効果発動させるコンボの存在から、融合モンスター墓地にある状況も起きやすい。
 また、そのままでも《ジェムナイト・セラフィ》《ジェムナイト・ジルコニア》融合素材にでき、《ブリリアント・フュージョン》デッキから直接墓地へ送ることもできる。
 先にこちらを通常召喚して《ジェムナイト・セラフィ》融合召喚し、効果《ジェムレシス》等を追加通常召喚すれば、召喚権の競合も回避できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《クリスタル・ローズ》 モンスター 星2 光属性 岩石族 効果モンスター 攻500 守500

広告