《クリムゾン・ブレーダー/Crimson Blader》

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2800/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
次の相手ターン、相手はレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚できない。

 遊戯王5D's TAG FORCE6 付属カードで登場した炎属性戦士族シンクロモンスター
 モンスター戦闘破壊墓地へ送った次の相手ターンレベル5以上のモンスター召喚特殊召喚を封じる誘発効果を持つ。

 さながらシンクロモンスター《ヴェルズ・オピオン》のような効果を持ち、刺さる相手には非常に良く刺さる
 高レベルモンスターを中心としたデッキ効果を一度通すことができればそのまま勝利できることも少なくない。
 効果の性質上、壁モンスターでの時間稼ぎにも強く、相手は次ターンもう一度効果発動させるかを諦めてがら空きでターンを渡すかの二択となる。
 単体で高い攻撃力を持つのも魅力であり、効果を通しつつ大抵のモンスター戦闘破壊できる。
 シンクロ素材にも縛りはなく、レベルシンクロモンスターを出せるデッキであれば幅広いデッキで活躍できる。

 一方、刺さらない相手に対しては全く無意味な効果になってしまう。
 下級モンスターランク4以下のエクシーズモンスターリンクモンスターは広く採用されており、昨今ではむしろ高レベルモンスターを中心としたデッキの方が珍しいといえる。
 シンクロモンスターなので刺さらない相手の時は別なシンクロモンスターを出せばいい話ではあるが、しかしエクストラデッキの枠を一枠消費するのは確かである。
 戦闘を介するために効果が通る状況もあまり多くは無く、どこかの段階で妨害を受ける可能性は高い。
 そのためこのカードの効果が通る状況であれば既にある程度優勢である局面が多く、オーバーキルの側面は否めない。
 採用してもなかなか活かせる場面が巡ってこず、エクストラデッキの肥やしになりがち。
 同レベルには優秀なライバルが多いため、そうなるとこのカードエクストラデッキから抜かれてしまう。

 総じて、環境に応じて特定の状況では強いものの、現環境ではそれを活かせないことが多い。
 何となくで投入しても活躍できないので、採用するならメタ対象を明確にしたい。

  • シンクロ召喚時の口上は「王者の決断、今赤く滾る炎を宿す、真紅の刃となる!熱き波濤を超え、現れよ!シンクロ召喚!炎の鬼神、《クリムゾン・ブレーダー》!」。
  • アニメARC-V第65話では、回想でジャックが使っているのが確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果になり、このカード戦闘によって相手モンスター破壊墓地へ送った時にチェーンブロックが作れます。(11/09/23)

Q:この効果適用された後に、このカードフィールド上に存在しない場合でもこの効果相手ターン適用されますか?
A:はい、適用されます。(11/09/23)

Q:このカード攻撃を行い、リバース効果などにより「戦闘破壊墓地へ送る」時点でこのカード除去されフィールド上に存在しない場合も効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(11/09/23)

Q:相手の《クリムゾン・ブレーダー》の効果適用中、《スポーア》効果墓地《ギガプラント》除外して発動できますか?
A:はい、発動でき特殊召喚レベル上昇も通常通り処理されます。(13/07/01)

Q:相手フィールド上にセットされた《X・E・N・O》自分の《クリムゾン・ブレーダー》が攻撃し、コントロールが変更された場合、戦闘破壊後はどちらのプレイヤーが《クリムゾン・ブレーダー》の効果発動できますか?
A:ダメージ計算後効果発動した《X・E・N・O》効果によって、《クリムゾン・ブレーダー》のコントロールダメージステップ終了時のタイミングで相手に移っており、《クリムゾン・ブレーダー》の効果相手フィールド上で発動します。
  したがって、「相手レベル5以上のモンスター召喚特殊召喚する事ができない」効果を受けるのは、相手ではなく自分となります。(14/03/29)

Q:モンスター扱いの《アポピスの化神》《真源の帝王》戦闘破壊墓地へ送った場合、効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/10/05)


Tag: 《クリムゾン・ブレーダー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 戦士族 攻2800 守2600

広告